いよいよ日の目を見ます♪

木曜日


明日(11/22)から開催される『広島国際映画祭2019』。
お馴染み『彼女は夢で踊る』など、
たくさんの作品が上映予定になっていますね。
そんな中、今日の「ごぜん様通信」ゲストは、
ワールドプレミア上映される、
『君がいる、いた、そんな時。』
企画・脚本・監督を手掛けた迫田 公介さんでした。
2007年の構想から10年余りの時間を経て、
昨年夏に撮影、いよいよ日の目を見るところまで来ました。

日本人とフィリピン人のハーフというだけでいじめられ、
人との付き合いを避ける小学6年生の男の子、
空回りして周囲から浮いているけど、
いつも笑顔で自分の居場所を求める同じクラスの男子、
そして、彼らに唯一、明るく接してくれる
図書室の新任司書の女性を中心に物語は展開します。
不器用に生きる3人が織りなすハートウォーミングな物語。

尚、一般公開は、来年初夏から順次、全国ロードショー。
横山さんも主人公の少年の父親という、
重要な役どころで登場します。 どうぞお楽しみに!



TOP