爆笑問題・太田光さんが仕組んだ「TBSラジオ包囲網」によって、
知らぬ間に『中国地方 梅雨入り宣言』を抜け駆けされていた私たち…。
「この恨み、はらさでおくべきか~!!」ということで、
今回、その実行犯、ラジオパーソナリティにして、
コラムニスト、作詞家と多彩な顔を持つ、ジェーン・スー氏を
電話で確保しました!

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』本番直前にも関わらず、
気さくに応対される懐の深さ、ユーモラスかつ聡明な語り口…。
ま・まずい…梅雨入り宣言どころか、心まで奪われてしまいました!
ある意味で「太田光被害者の会」会員同士、
これからも、よろしくお願いいたします。

さて、そんなスーさんの新著『生きるとか 死ぬとか 父親とか』が、
今、とっても話題になっています。
お父様への愛憎と家族の裏表を描いたエッセイですが、
読み進めていくうち、いつの間にか自分の家族へ思いを馳せてしまう、
味わい深い1冊です。 是非、お手にとっていただければと思います。

広島には あまり馴染みがないそうですが、
何かの機会でお越しになる事があれば、是非、『ごぜん様さま』にも
遊びに来て下さいね!



TOP