平成という30年余の時代が終わりを告げ、きょうからついに新年号「令和」の幕開け。
新たな気持ちで番組をお送りしたいという思いを込めて、「令和ラヂオバラエティ ごぜん様さま」と題して、お送りしました。



せっかくなので、角松敏生さんのバックコーラスなどで活躍する広島のボーカリスト・紫藤博子さんをスタジオにお招きし、本格的なレコーディング。
オープニングのタイトルコールと番組中のジングル(コーナーの間に流れる音楽)を、かなり真剣に録っていただいたのです。注:写真は、レコーディング風景
しかし仕上がりは…、なんだかとてもしまらない気の抜けた雰囲気に。
ディレクターの采配ミスで、なんとも言えない不協和音のスタートとなってしまいましたこと、ここにお詫び申し上げます。
ただ、あの不協和音は正面切ってやらないと作れないですからね!ぜひ、radikoできょう限りのタイトルコールお確かめください!



令和最初のご挨拶ということで、横山詣も大賑わい!
令和にちなんだ、令和どら焼き、令和りんごなどいただきました。いつもありがとうございます!
いただきものといえば、こちらも…。



静岡放送(SBSラジオ)で毎(土)午後1時から放送中「樹根爛漫」から、今年度のポスター!しかもパーソナリティ・樹根さん&原田亜弥子さん(SBSアナウンサー)両名のサイン入りで届きました!
今年は、名作「ローマの休日」のパロディ。中根さん、ポスターに合わせた遠い目をしてみました。笑
樹根爛漫のポスターヴィジュアルは、毎回、パロディの本気度が伝わりますよね!

明日からは…タイトル戻ります。「平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま」でお送りします。書き間違えのないようにね!



TOP