昨年の西日本豪雨災害の影響で、橋梁が流され不通区間となっていた、JR芸備線の狩留家駅~中三田駅間。
1年3か月の時を経て、ついにきょう、全線運転再開となりました!
再開を待ち望んでいた方々からのメールが、たくさん番組にも寄せられましたよ!



※写真は広島駅のホームの様子。
その記念すべき雄姿を一目見ようと、沿線には鉄道ファンのみならず多くの人が。
番組にも「小旅行をしに、芸備線に乗っています」など、お便りもいただきました。
お祝いのために、たくさんの人々がその光景を目に焼き付けたようです。
この日を迎えるために、どれだけの人々が汗と涙を流したことか。
考えるだけで、ぐっと胸にこみ上げるものがあります。



そんな中、その瞬間を伝えようと朝早くから狩留家駅周辺を奔走する男の姿が!
RCCの石田充アナウンサーです。
今朝、6時16分狩留家駅発の列車をレポート。
芸備線のディーゼル列車の轟音に負けじとレポートするあまり、
思わず声が歪んでしまいましたが、朝早くから克明なレポートを届けてくれました。



レポートが終わり、番組にあいさつをしに来てくれた石田さん。
何かを欲しがる面持ちでやってきたので、番組に出てもらうことにしました。



9時台エンディングだけの出演の予定でしたが、10時台にも登場。
30分ぐらいは出演していただいたのではないでしょうか。
以前の「ごぜん様さま」から2年9か月ぶりの出演です、というセリフがサラリと出てくるあたり。
相変わらずな完全データ主義の部分も踏襲しながら、久しぶりの「ごぜん様さま」の雰囲気を味わってもらいました。
番組にも「石田さん、よかったよ!」「よかったね!」の激励のメッセージが。
次は、早めの登場を期待したいところです。



TOP