1. RCCラジオ
  2. HeartBeatラジオ
  3. スタッフK
  4. 2年続けて同じ話ですみません。

保田隆のHeartBeatラジオ

昨日、何を食べたか覚えてないし、なんなら今日の朝食も忘れているような
ディレクターなのですが、1年前の話はなぜか覚えていました。

だって、それぐらいインパクトがあったというか…皆さんは覚えていますか?
保田先生が子供の頃に起こった母の日の話です。
「ああ、あの話ね」という方もいらっしゃるかと思いますが、簡単に紹介しますと、

母の日に、いつものように夜まで外で遊んで帰った保田少年。
そこには、角の生えたお母さんがいました。
「あんたぁ、今日は何の日か知っとるんね?母の日じゃろ。
 じゃったらプレゼントは?ないんなら今から買ってこい」
そうやって保田少年は外に出されてしまいます。
今ならどこでもコンビニがありますが、保田先生が子供の頃、夜になれば
ほとんどの店が閉まってしまいます。
そんな中、街をさまよった保田少年は、ある一軒の食料品店が今にも閉まろうと
しているのを見つけます。
「おばちゃん、まだ締めんといて」
そう言って滑り込んだ保田少年でしたが、店内はほぼ売り切れ状態。
そんな中、残っている商品は「リンゴ」と「しんこ巻き」ぐらいだったのだそうです。
こうして保田少年は、迷わずしんこ巻きを選んで自宅に戻りました。
「わしゃ、プレゼントが欲しいんじゃない。人を思いやる心を分かってほしかった」と
泣きじゃくる保田少年を諭すお母さん。
その日の夕飯のカレーの味を保田先生は忘れることができないと言います。終わり。

というお話。感動的なお話なのですが、
「いや、先生。しんこ巻きじゃないじゃろ」
保田先生の周囲では(ディレクターも含めて)、そこが印象的で覚えているという
2年連続同じお話でした。


スタッフK

カテゴリー

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

TOP