中四国ライブネット

2018年3月25日(日) 18:00~20:00

明日への手紙

慌ただしい日々の中で、未来の自分を思い描く機会はなかなかありませんよね。3年後、5年後・・・一体どんな未来が待っているんでしょうか?
子供の頃は、将来の事をいろいろ思い描きましたよね。どんな大人になっているんだろうとか、どんな仕事をしているのかなーとか、結婚してどんな家庭を持っているんだろうか?など・・・。
忙しい日々の中にいると、目の前の事に追われて未来の事を考える暇を失います。

徳島県鳴門市の大鳴門橋を望む小高い丘の上に「心の手紙館」という洋館があります。
この洋館は、徳島が生んだ日本の近代薬学の父と言われる医学者、長井長義氏の長男で終戦間際にはドイツで外交官を務めたアレキサンダー長井氏が別荘として建てたものです。
現在は「花見山・心の手紙館」として保存されています。

ここでは、来館者が書いた自分や家族、友人に宛てた手紙を預かり1年から数年後の希望の時期に届けてくれます。来館者は鳴門海峡や淡路島の雄大な景色を眺め心を落ち着かせて、手紙を書きます。自分の夫や妻へ、子供達に宛てたメッセージを記します。
そこには日ごろ口に出しては伝えていない、感謝や愛の言葉が綴られています。
番組内では徳島で活躍するシンガーソングライター福富弥生さんが、この洋館と未来をイメージした楽曲を披露します。
また毎年手紙を送り合っているご夫婦にお話を聞きます。

数年後の未来についてこの番組を聴きながら少し想像してみてはいかがですか?
それがまた明日からの生きる力になるかもしれません。

・四国放送 保岡栄二 (やすおか・えいじ) アナウンサー
・アシスタント 福富弥生(ふくとみ・やよい)シンガーソングライター

出演者写真

過去の放送内容