1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ

マツダミュージックドライブ

ドライブ日記 ドライブ日記

♪会社帰りの私を見かけたら声をかけてくださいね!浅野氏 広島城入城400年記念


今日は、広島城で開催されているアート展
『チームラボ 広島城 光の祭』へ!
 

今年は、浅野家 初代広島藩主 浅野長晟が広島城に入城して400年の節目の年。
その広島城を舞台にした、
独自の光デジタルアートを世界各国で展開しているチームラボによるアートプロジェクトです。

会場の入り口、石段をあがると…



色とりどりに光を放つ、たまごのような物体が。
赤、ピンク、青、黄色、緑、青…
時折、リーーンという鈴の音と共にその色を変えています。

一体どんなイベント?ということで
立案者である、(株)中国放送 企画推進部 部長の増井威司さん…先輩にお話をききました。 



ちょっと暗かった(笑)
増井さんは、この歴史ある広島城を舞台に 広島の夜を活性化させたい。と、
チームラボによるアートプロジェクトを企画。

会場内には、50cmくらい~3mの大小さまざまなタマゴ型のオブジェたちが
200個以上置かれています。
名前は「たちつづけるものたち」。
ぽん、と押すと、音が鳴って色が変わり、それが周りのタマゴたちにも広がっていくと。
自分だけでなく、他の人の存在も感じられるものなんだそうです。



増井さんに案内してもらいながら会場内をぐるぐる。
なんだか、いつもの広島城とは全然ちがった雰囲気。
実際に球体を目の前にして、風船のような球体をぽーんと押すと
りーんと鈴のような音がして、赤からピンクになったり。ピンクから黄色になったり。
となりにある球体も同じ色に。その隣も同じ色に。
近くにある木々にも色が反射して、全体が表情を変えました。



こちらは、天守閣のすぐ下にある石垣。
『空書』という名前で、石垣をスクリーンにして
赤と白の鯉と、書が映し出されています。プロジェクターは13個使っているとか。
書の、トメ、ハネ、ハライの部分から鯉が生まれ、優雅に泳ぎます。
「薄暗い中で、物思いにふけりながらゆっくり眺めていられるんです」と増井さん。



浅野長晟さんが今の広島城を見たら、なんと言うだろうな~と思いました。
光や音と共に、人とのつながりや、広島城400年の歴史、自然、星空も感じられる
「光の祭」

夜のイベントですので、足元にはどうぞお気を付けください!
ハイヒールではなく、パンツスタイル&スニーカーでお越しください。


マツダミュージックドライブアルバムに、会場内の動画も載せていますので
是非ご覧になってください!
 

♪会社帰りの私を見かけたら声をかけてくださいね!浅野氏 広島城入城400年記念

RCCテレビ60年 チームラボ 広島城 光の祭

住所: 広島市中区基町21-1「広島城」
⇒広島市中区基町、㈱中国放送 隣、「広島護国神社」の大きな鳥居をくぐると会場入り口があります。
注意事項をよく読んでご入場下さい!
駐車場:お近くのコインパーキングをご利用下さい
開場時間: 午後6時30分~午後9時30分 尚、最終入場時間:午後9時。ご注意下さい。
当日券は、大人1000円、中学生以下700円、未就学児は無料です
開催期間は4月7日までです。
なお、チケット半券でお近くのデバート・ホテル等、色んな施設で割引サービスが利用できます。
詳しいお問い合わせ:電話・082-222-1133(RCC事業部内 実行委員会事務局まで)

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪Torn / Natalie Imbruglia
♪Lovely Day / Bill Withers
♪Come to me / Hiroshima
(RCCテレビ60年 チームラボ 広島城 光の祭」主催者代表、株式会社中国放送企画推進部 部長:
増井威司さんの人生の一曲)


タグ:広島市

掲載しきれなかった写真たちはこちら!

マツダミュージックドライブアルバムへ

マツダミュージックドライブアルバムへ