1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ
  4. 三原愛が生んだ地元ブランド鶏を頂きます!「鶏肉惣菜 とくや」

じゃーん!!!鶏の唐揚げ~~



今週は、三原で生まれたブランド鶏「みはら神明鶏」を求めてドライブです。
赤い大きな風見鶏が目印「鶏肉惣菜 とくや」にお邪魔します。



お話を伺ったのは、「株式会社鳥徳」四代目、専務取締役の小林史典さんです。
中学生の頃から家業を手伝っていた小林さん。「普通の人より、2,3倍は多く鶏肉を食べていますね」と。
鶏肉好きには羨ましいお言葉。


「駐車スペース」の「P」も『鳥の足』をイメージして

店内色んな所に鳥の足跡・・・


実は、三原は県内一の鶏生産地。皆さんご存知でしたか?
その三原で、小林さんの曾おじいさんが始めたのが三原駅近くにある鶏肉専門店「鳥徳」。
1950年開業、来年で創業70年を迎えます。

5年ほど前、小林さんの「鳥徳」と道の駅「みはら神明の里」と地元生産者の方達が新たに作ったブランド鶏が「みはら神明鶏(しんめいどり)」です。
自然の中でのびのびと平地飼い。ストレスを感じさせない環境で飼料もこだわっているという自慢の鶏です。

去年11月、その魅力と美味しさをもっと多くの人に知ってもらいたいと、小林さんが加工場の一部を改装して始めたのがテイクアウト専門こちら「鶏肉惣菜 とくや」なんです。


「とくや」の店内、ショーケースの中は・・・


鶏惣菜がずらーーーーーーーーーーーーーーーーり!!!!

色よく焼けたローストチキン


どれにしましょうか???

ああ、どれもこれも買い占めたい


唐揚げはもちろん、出来たてローストチキンや鶏めし、鶏団子、串焼き、スコッチエッグ、一夜干し、蓮根つくね等々。
さすが、専門店直売!という鶏づくしのラインナップです。
香りがよく、程よい弾力とコク・旨みが詰まった「神明鶏」は、焼いても、煮ても、揚げてもどれでもOK!


今後も、神明鶏と地元三原の食材でおいしいお惣菜を作っていきたい。
大変なことも多いけど、お客さんが美味しいと言ってくだされば疲れも吹っ飛ぶし、楽しいですよ。と笑顔で話話す小林さんです。


ところで、小林さんのお父さんが仕切っている三原駅近くの「鳥徳本店」では、唐揚げ、カツ、コロッケ、
天ぷら、チャーシュー等のお惣菜はもちろん、神明鶏の精肉も販売しています。もも、胸、手羽、肝・・・珍しいちょうちんもありました。
お惣菜と一緒に、家で自分で調理する楽しみも味わえます。


さて、三原ドライブの寄り道は・・・
腹ごしらえに、三原港すぐそば「喫茶店&DELI かねしょう」に。


三原港のすぐそばです

創業1960年、来年で60歳!を迎える老舗レストランが、一昨年、喫茶店としてリニューアル。

頂いたのはランチタイムに大人気「はらぺこさんのかねしょうプレート」です。


「かねしょう」の看板メニュー「かねしょうのホットドッグ」とスパイスの効いたピリ辛カレーのミニサイズと、
サラダ、キャロットラペ、ポテトフライ、
更に、人気のデザート「初恋プリン」が一度に味わえる欲張りセットです。


え?これがホットドッグ??と思う方も?そう、「白い」でしょ????

三原の人気パン屋さん「オギロパン」の焼きたてパンにトマトや卵をサンド。
上に、玉ねぎがたっぷり入った白い自家製マヨネーズソースがたっっっぷりかかっています。
自慢のマヨネーズの甘みと酸味の絶妙なコンビネーションが、味を引き立てます。


そして、原材料にもこだわった「初恋プリン」は、ほろ苦キャラメルソースがプリンの甘さといい具合に絡みます。
お腹一杯!幸せ一杯!
今回も三原のグルメを堪能したハッピードライブでした。

三原愛が生んだ地元ブランド鶏を頂きます!「鶏肉惣菜 とくや」

・住所: 三原市皆実1-24-7
・広島から山陽自動車道を東へ。三原久井ICを下りて、県道25号線を南に三原駅を目指します。
 三原駅前の浮城西通りを西に進むこと約5分。広島市内からは1時間10分ほどで到着です。
・駐車場:約4台
・営業時間: 午前10時~午後5時
・営業日:毎週(金)(土) 
・お問い合わせ:電話 0848-29-6055

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪オールスター/スマッシュマウス
♪ラブ/ナタリー・コール
♪世界は愛を求めている/ジャッキー・デシャノン
♪アンチェインド・メロディ/ライチャス・ブラザーズ