1. RCC
  2. RCCラジオ
  3. マツダミュージックドライブ

三次ドライブ第二弾。今回は、朝5時、広島市を出発!早朝ドライブを楽しみます。というのも・・・

三次名物「霧の海」、「雲海」を見に行くぞ!
だから出発は日の出前。星空の中、車を走らせます。



向かうは三次市で2番目に高い山「高谷山(たかたにやま)」にある展望台。
三次に着く頃には、辺りもすっかり明るくなっています。


3人・・・・いや、周りに沢山いますから

展望台には、三脚を携えてシャッターチャンスを待つ大勢の人の姿が。
果たして、霧の海は・・・


おおおおお!!!まさに「海」!!!霧の大海原が目の前いっぱいに広がっています。
白く立ち込めるこの霧の下に三次の町並みが眠っているとは、思いもよらない光景です。

あ!赤く輝く太陽が雲海の向こうから顔を出し始め・・・乳白色だった海原がピンク色にと染まります。



晩秋、朝の寒さも忘れて見つめること数十分。大自然が作り出す天体ショーに心満たされ、
“何だか、いい事が起こりそう・・・・”気持ちも晴れやかに素敵な1日を送れそうな予感。



さて、参考までに、霧の海が現われやすい条件を3つご紹介します。
1、10月〜3月の早朝。
2、風が少なく晴れた日であること。
3、高気圧が張り出し放射冷却が起きること。
そして、霧自体は午前9時頃になると晴れるので、お昼に展望台に行くと三次市内が一望でき、朝とは違った景色が楽しめますよ。



もはや、同じ写真があがっていてもわからない

くらい、シャッターきってます


訪れた10月中旬は、カエデも真っ赤に染まっていました。


霧の海も堪能して
なんだかお腹がすいてきました。という訳で、朝ごはんを食べに行こうかなぁ~~
と、こちらにやってきました。


「カフェ・ヴァイン」
「広島三次ワイナリー」に併設するカフェです。朝8時からオープン!
優しい笑顔で迎えて下さったのは、「広島三次ワイナリー」料飲課:「カフェヴァイン」係長岡本恵(おかもと・めぐみ)さん。


 こちら「カフェヴァイン」は、母体となるワイナリーと同じ2002年7月、今から17年前にオープンしました。
モーニングは知る人ぞ知る人気を誇り、朝ごはんは毎朝ここで・・・という地元の常連さんも多いんだとか。
モーニングのメニューは


ゆで卵とトースト・サラダ・ヨーグルト・スープ・ドリンクのAセット

スクランブルエッグ・ベーコンとトースト・サラダ・ヨーグルト・ドリンクのCセット


そして「カツサンド」をメインにした期間限定セットの3つ。
地元:三次産の野菜を使ったサラダは新鮮そのもの。そして、バターがたっっっぷり染みこんだ厚切りトーストに大満足!!

ドリンクはコーヒー、紅茶等定番の他に、三次ならでは「ぶどうジュース」も選べます。
え?ちょっと量が少なくない???と思っていましたが、いえいえ、食べ応え十分の朝食メニュー。


くわー美味しい!!!!

雲海で心満たされ、「カフェヴァイン」の朝食にお腹満たされ、朝からご機嫌です。

「カフェヴァイン」では、モーニングはもちろん、11時から始まるランチも大人気。
ここでしか味わえない特製デミグラスソースが自慢の広島牛「手作りハンバーグランチ」や「広島和牛カレー」など、他にも三次産の食材をふんだんに使った料理が満載です。
ちなみに、岡本さんの個人的お気に入りは、ベーコンと季節の野菜を使ったパスタ「ペペロンチーノ」。
こちらも気になります。

そして、食事の締めはやっぱりコレがおすすめ!!
地元三次特産のブドウ「ピオーネ」や「白ブドウ」の果汁をたっぷり使ったソフトクリームは、フレッシュな甘さで後味もすっきり!


雲海見てからのモーニングは・・・「カフェヴァイン」

・住所:三次市東酒屋町445-3
・広島から中国自動車道を北へ。三次ICを下りて右折。国道375号線を経由して、「三次運動公園」を目指すこと約10分。
 「広島三次ワイナリー」に隣接する大きな赤い三角屋根の建物。広島市内からは約1時間20分で到着。
・駐車場:約100台
・営業時間:午前8時~午後5時
・定休日:毎月第2(水)、年末年始
・お問い合わせ:電話 0824-64-7727

ミュージックリスト ミュージックリスト

♪ヴァーチャル・インサニティー/ジャミロクアイ
♪ナウ&フォーエバー/リチャード・マークス
♪ザ・ウェイ・ウィ・アー/バーブラ・ストライサンド
♪オンリー・タイム/エンヤ