広島民話図書館

「仁王さんと賀王さん」

まもなくやってくるお正月に向けて お正月にかかわりのあるお話を選んでみました。 仁王さんと賀王さんが、天竺に旅に出かけます。 え、何でお正月が関係あるのって? それは聴いてからのお楽しみ・・・♪

続きを読む

「鬼の面」

12月の半ば、新しい年を迎える支度をするために何かと慌ただしく動き回る。 今も昔も変わらず続いてきた師走の風景です。 今回は、庄原市口和町で語られていたお話。 正月の準備をするお金を稼ぐため、 おばあ...

続きを読む

「鬼の面」

12月の半ばというと、新しい年を迎える支度をする慌ただしい時期。 今も昔も変わらず続いてきた師走の風景です。 今回の民話は、庄原市の口和で語られていた話。 そんなお正月を迎える前のおじいさんとおばあさん...

続きを読む

「まさらじ」

この「まさらじ」は「灰坊」という題でも語られていたようです。 この番組でご紹介している民話の中では比較的長めのお話で、 北広島町芸北のおばあちゃんが語っていたものを再編してご紹介しました。 本来の民...

続きを読む

「和尚と焼き餅」

民話には、お寺の話がたびたび登場します。 字の読めない人も多かった昔、村の知識人といえばお寺の和尚さん。 もちろん、その和尚さんが活躍する話もあるのですが。 和尚さんよりも小僧が一枚うわてで、頓智の利...

続きを読む


TOP