広島民話図書館

「花咲か爺さん」

誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか、 今回は「花咲か爺さん」です。 全国的に知られている「花咲か爺さん」というと・・・ 優しい老夫婦が大切に飼っていた犬が 「ここ掘れワンワン」というので...

続きを読む

「鬼の豆」

今回は、尾道市因島の椋浦(むくのうら)の民話です。 椋浦は現在は80人ほどが住む小さな地区ですが、 19世紀初頭には千石船を30隻も持つ 因島で最も栄えた村だったそうです。 県の無形民俗文化財に指定され...

続きを読む

「絵姿女房」

バレンタインが近づいたので ラブストーリーとも言える仲良し夫婦の話 「絵姿女房」を選んでみました^^ 今の時代なら、好きな人の写真をスマートフォンの待ち受けにして・・・ といったところでしょうか。 でもこ...

続きを読む

「日本はでっかい」

今まで海を見たことがない親子が 山里から尾道見物に出かけます。 初めての海を前に、 お父さんと息子はどんな会話をするのでしょうか。 お父さん、ちょっと見栄をはっちゃいました・・・ でも、子供の前ではつ...

続きを読む

「こぼれます」

今回は、和尚さんと小僧さんのお話。 12月にも和尚さんと小僧さんが お餅をめぐってバトル(⁉)する民話をご紹介しました。 小僧さんにほとほと手を焼いている和尚さん、 今回は一矢を報いることができるのでしょ...

続きを読む


TOP