広島民話図書館

「皿売りの出世」

今回は、北広島町で採録された話です。 この「皿売りの出世」は 二つのストーリーが合わさって語られたものです。 前半は、娘が別れ際に「針と糸」を残し、 その謎を解いて娘を追う「播磨糸長」という話。 後半は...

続きを読む

「太陽と月になった姉妹」

朝晩は気温がグッと下がるようになってきました。 体調を崩しやすい時期ですし 昨夜は台風17号が通過しましたが、いかがおすごしですか。 23日(月)は秋分の日。 夜と昼の長さがほぼ同じ長さになる日ですね。 ...

続きを読む

「とりつこうか、ひっつこうか」

おじいさんが山で仕事をしていると、 どこからともなく気味の悪い声が聞こえてきます。 「とりつこうか、ひっつこうか」 おじいさんは、どうするのでしょうか。 今回は、庄原市西城町で採録された話です。 「とっ...

続きを読む

「お菊」

今回の民話は、全国的には「お銀小銀」というタイトルで残るお話ですが、 庄原市西城町では「お菊」として語られていました。 どの民話でも同じように、同じ話でもその土地によって様々な筋がありますが、 「お銀...

続きを読む

「豆の目が黒いわけ」

9月1日に放送したお話の2話目は 「豆の目が黒いわけ」です。 豆のお腹に、黒いところがありますよね。 まあ、種類によってもちろんまちまちですが 例えば、空豆なんかもそうです。 なぜここだけ黒いの? それ...

続きを読む

「傘屋の万平」

今回は、二本立てです。 まずはこの「傘屋の万平」。 民話の中には、ワクワクするような奇想天外な話がいろいろありますが、 このお話もそのうちのひとつ。 私、このお話が大好きです、、、! 万平が作った傘が風...

続きを読む


TOP