広島民話図書館

「ゴンとハチ」

ファイルを開く

御領山と権現山が出てきましたが
権現山には、鬼が踏ん張って出来たという言われのある
足跡があるそうです。

この伝説のほかにも、
その後二人の鬼は仲直りしたという話、
そして人間と仲良くなり
人のために尽くした話なども残っているとか。
ゴンとハチのエピソードが満載ですね!

また、御領地区ではここ数年の間に
古墳時代の古墳が相次いで見つかっているそうです。
その数、なんと約230!!
「御領の古代ロマンを蘇らせる会」の方々が
現在進行形で調査なさっています。

伝説、遺跡と町の魅力を発掘し
積極的に活動されている神辺町。
目が離せません!

今回は、福山市神辺町に伝わる伝説です。

地域によってさまざまな伝説がありますが、
その中にはいつしか忘れ去られてしまったものも多くあります。
しかし、この「ゴンとハチ」の伝説は
ゆるキャラもいるほど神辺町でとても親しまれ
地域のかたに大切に語り継がれているそうです。



TOP