広島民話図書館

「亀と猿と虻の恩返し」

今回は、東広島市福富町の女性が話す記録が残っている民話です。
小さい頃、母親に布団の中で寝かしつけてもらいながら、
母が繭をほぐしたり糸車を回したりしながら語ってくれたそうです。
今ではもちろんこんな風景はありませんが、
昔の子供たちが楽しんだ民話は、
現代の私たちも楽しませてくれます。


ファイルを開く

「いい行いをすると誰かが見ていてくれるんだぞ」
そんなことを面と向かって言われると
お説教のように感じてしまう場合もあるかもしれませんが、
むかしむかし、ある若者がこんな動物に出会って・・・
なんて理屈抜きの楽しい話だと、
子どもたちの心に素直に届くのかも知れませんね。



TOP