広島民話図書館

「大歳の火」

年が明ける夜、それぞれの家に歳神様が訪れ
新年の幸をもたらしてくれると昔から信じられてきました。
昔は、大晦日の夜には囲炉裏に火を絶やさないようにしたり
新しい火種に切り替えるといった様々な習慣があったそうです。
今の時代、囲炉裏にはなかなかお目にかかれませんが
今回の民話はそんな火を大切にする
昔の大晦日の習慣を垣間見ることができます。

(庄原市東城町で採録)


ファイルを開く

民話は、今は廃れてしまった習慣や文化を感じられますし
お話としても勿論、家族で楽しんでもらいたい!
そんな気持ちで来年もお送りしたいと思います。
一年間ありがとうございました。
そして来年も宜しくお願い致します!



TOP