ブログ


今日のゲストは写真家の赤阪友昭さん。
テーマは「アマテラスと蛇」、「トーテムポールに宿る神話の世界」。

蛇にまつわる話をメインにお話しいただきました。
鏡餅やしめ縄なども蛇が元になっているそうで、
さかのぼると、縄文土器からも蛇が見て取れます。

アラスカやカナダのトーテムポールは、精神的な意味合いを持つのだとか。
日本にあるオブジェのような扱いのトーテムポールとは、
違った存在のようです。

岡さんが持っているのは、
現在赤阪さんが制作中の映画「銀鏡-SHIROMI-」のポスター。
宮崎県にある限界集落の、星に祈りをささげる銀鏡神楽を題材とした
ドキュメンタリー映画だそうです。

赤阪さんにお話しいただいた不思議な世界、
興味のある方はぜひトークイベントにも足を運んでみてくださいね。



まいったなあ。清水健さん、むちゃくちゃ、いい人だった。
早く着きすぎたことを詫び、
「ありがとうございます、こんな機会をいただいて。」
社交辞令ではなく、温度が伝わる言葉の持ち主でした。

実を言えば、僕の方が清水さんから元気をいただいた。
愛する人を失うという「絶望」を体験した人に励まされる、なんで?!
僕は、励まされたままでいいの?
何かできることはないの?!
その答えを今も探しています。

いつか時間をたっぷりとって、清水さんの講演を紹介できれば。
そんなことも考えつつ。

自分ががんになったら・・・の答えは少しあるけれど
「もし、家族ががんになったら?」
その答えを考えるきっかけに。
この本、おすすめです。

               一文字弥太郎



今週の深掘りシャベルは、東林館高等学校理事長の喜田先生の親子教育相談所!
テーマは「昔と今、子育てはここが違う」でした。
皆さんから届いたメールをご紹介しながら、お話を伺いました。
親子教育相談所は、Podcastにもアップされているので、
放送を聴けなかった方は、ぜひ聴いてみてください!



今年の1月からはじまった
「寿命100年時代の天職を探せ!」シリーズも第4弾となりました。
今回の職業は水族館の飼育員!
スタジオには、現在マリホ水族館に魚類担当として勤務されている、
金丸仁美さんにお越しいただきました。

金丸さんは、小学生のころから水族館の飼育員を目指していたとか。
大学では、幅広く海について学んだそうです。
しかし、水族館の仕事は狭き門。
全国どこへでも行く覚悟はしていた、とお話されていました。

もともと、三重県の鳥羽水族館でセイウチのショーなども担当されていました。
動物とのコミュニケーションは、テンションが大事。
慣れてくると、その日の動物のコンディションもわかってくるそうです。
岡さんおすすめの鳥羽水族館のショーは圧巻です!

マリホ水族館のダイバーショーは、リニューアルされたばかり。
他の水族館とは違ったショーをしたいとおっしゃってました。
みなさんもぜひ訪れてみてくださいね!



毎月第二土曜日の、ジュンク堂書店広島駅前店 三浦さんの今月のジャケ買い!
今月のラインナップは…

【ジャケ買い】
パンツが見える。羞恥心の現代史/井上章一
名探偵コナン 犯人の犯沢①/かんばまゆこ
出会い系サイトで70人と実際に会って
        その人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと/花田菜々子
パンダと犬/スティーヴン★スピルハンバーグ
℃℃℃ドリル

【今月のおすすめ】
大日本プロレス公式写真集 COUNT 0/大日本プロレス

でした。
次回のジャケ買いもお楽しみに!



TOP