ブログ


今日は写真家の新井卓さんにお話を伺いました。
新井さんは、写真黎明期の技法である、
ダゲレオタイプ=銀板写真の制作活動をされています。

ダゲレオタイプは、銀の板に写真を撮る技法。
制作過程では、銀の板を鏡のように磨いたり、
薬品を使用したりと、非常に手間がかかるそうです。
銀板自体が写真なので、見ている自分も写真のなかにいるような、
不思議な魅力をもっています。

新井さんが写真を始めたきっかけや、原爆ドームの写真について、
高校生のポートレートを撮る活動についてなど、
さまざまなお話を伺いました。

新井さんとフォトジャーナリストの小原一真さん、
華道家の片桐功敦さんによる展覧会「三」は、
中区橋本町にあるギャラリー交差611で17日まで開催中です。
9日の午後7時からは、3人のトークベントが行われます。
また、8月8日から10日までの3日間は、
袋町にある旧日本銀行広島支店でも、作品が展示されます。
みなさんもぜひ、会場を訪れてみてください。



Twitterより

8月6日月曜日。朝なのにすでに日焼けしそうな暑さ。
今年は格別に命の尊さを思う。無念の死に忘れていい節目などない。合掌。


Facebookより

僕らの世代は「平和と成長」に慣れてしまい、人生の目的は毎年年収を増やすことで、
国への期待も経済を繁栄させることにあり、
核の脅威はそのために封印してしまったのではないだろうか?
だから「命より金」「命より生産価値」。なんだこれ?戦争の原点ではないか。


       とにかく読んで、のほほんとした私を含め
       多くの人に、慌ててもらいたい一冊!

               一文字弥太郎



TOP