ブログ


本の価格って難しい。
納得できたり、できなかったり。
高いと思ったり、安いと感じたり。
納得できないと値段は高く感じる。
納得できると、どんな値段の高い本でも買ってよかったと思える。
珈琲やパンやラーメンとは違って、相場が個人の主観なので、ややこしい。
難しいのは、値段が高い本が自分にとって「いい本」とは限らないこと。
価格=価値、ではないわけだ。

でも、わずかだが価格より価値が上回る本がある。
文庫本に多いが誰が読んでも、いつ読んでも、価格より価値が上回る秀作本がある。
その一冊がこれ。

関東大震災について、予兆の段階から震災後の死体の処理まで、
どこまでやるんだ?!
というぐらい取材を続け、資料を解読し、まとめられた一冊。
これ、648円は安すぎると思う。
だって、そば肉玉が800円はするんだぜ。

取材で得た証言は生々しい、そんなことが?!と驚かされる。
読了すると、ここまで取材してくれて「ありがとう」とつぶやく。

徹底的に事実を丁寧に積み上げた構成は、
感情ばかりが先走る僕らの番組に警鐘を鳴らしていると思う。
まず大切なのは「事実」だ。
提示しなければならないのは「客観的な事実」。
アナウンサーや僕らが何を感じたか、ではないのだ。

と、書いていたら、北海道で震度7。
今年は、自然災害のニュースが続く。
メディアに携わる人にも必読の書ではないだろうか?
「虚報」が「検閲」につながってメディアは・・・
続きは、ぜひ読んでみて!

               一文字弥太郎


皆さんは、移動するとき、どんな交通手段を使うことが多いですか?
電車、バス、タクシーなど、行き先によって変えることもありますよね。
どんな公共交通機関を使っても、かかってしまうのは“料金”。
そんな移動にかかる料金をタダにしてしまうアプリ「nommoc」を開発されたのが、
今日インタビューをお届けした、吉田拓巳さんです。

吉田さんが目指しているのは、タクシーとは違った、車による移動サービス。
サービスの利用者が登録した、各々の趣味嗜好にあわせた広告を移動の車内で表示することで、
利用者には無料で車による移動サービスを提供でき、クライアントからは広告収入を得ることができます。

nommocのHPへは、こちらからどうぞ。

この「nommoc」以外にも、吉田さんはさまざまなサービスを生み出しています。
変化が非常に速い今の時代、ちょっとしたきっかけをつくることで、物事を大きく変えることができる。
何かを残していくためには、少し形を変えてアップデートすれば、今後も続けていける。
インターネットがある今、自分がどこにいても関係ないと思うので、少しでも成長可能性がある街にいたい。

吉田さんのインタビューから感じることは人それぞれだと思いますが、
時代に合わせて自分も変わっていくという考え方、
非常に刺激的なお話をお届けしました。



TOP