ブログ


12月24日、25日はRCCラジオチャリティミュージックソン。
今年、週末ナチュラリストは、わくわくラジオ美術館企画で参加となりました。
今回もひろしま美術館のご協力のもと、
学芸員の古谷さんに解説していただきました。

放送では、パブロ・ピカソ「仔羊を連れたポール、画家の息子、二歳」
竹内栖鳳「河畔群鷺」、レオナール・フジタ「裸婦と猫」の3作品をご紹介。
うち、「裸婦と猫」は、皆さんにもイラストを描いていただきました。
送ってくださった方、ありがとうございました!
ぜひ次回も挑戦してみてください。



今回は、企画の名付け親である細川さんと、
さらにリスナーからサキちゃんさん、ビリーさんにも
ご参加いただいての開催!ありがとうございました!
皆さん疑問点がさまざまで、
気になる部分は人によって違うことを改めて実感しました。
前回より細かく描写できていたのではないでしょうか?

細川さんにはスタジオにもお越しいただき、
視覚障害に対する素朴な疑問や、日常生活についてなど、
さまざまなことをお伺いしました。
聴いてくださった方、ありがとうございました。

わくわくラジオ美術館、今後も開催していきたいと思っています!
ご協力いただけるリスナーの方、美術館探しています。
asanama@rcc.net まで、ぜひご連絡ください!



TOP