ブログ

朝子さんの理想のモーニング!


今日の「OH!マニアックラブ」は、
喫茶店のモーニングを巡る、朝子さんにお話を伺いました!
一文字さんも、実はモーニング好きだそうで、
どんどん盛り上がっていくトーク!
喫茶店に行きたくなった方もいたのでは?

県内だけでも、モーニングには地域性があり、
メニューからボリュームまで違いはさまざま。
朝子さんの理想のモーニングもお聞きしまして、
みずほちゃんがイラストにしてくれました^^

朝子さんは「珈琲とお味噌汁」というブログを運営されています。
来店された印象やモーニングの内容、
喫茶店の情報まで、詳しく書かれています。
皆さんぜひチェックしてみてください!



さらに盛り上がったのは、歯磨き論争!
歯磨き粉のつけ方は?
水をつけるタイミングは?
そもそも歯ブラシに水は必要なのか、ない方がいいのか?
などなど、正解を模索する結果となりましたが、
たくさんおたより送っていただき、ありがとうございました!

さて、次に盛り上がる話題は一体何になるでしょうか?
来週もお楽しみに♪



今日の深掘りシャベルは、
東林館高等学校 理事長 喜田先生の親子教育相談所、
テーマは「子どもの心を育てるコミュニケーション」でした。

脳は寝ている間に、一日の出来事を再体験するとか。
さらに、脳は“人の主語を認識できない”そう。
つまり、人に否定的な言葉を使うと、
寝ている間はネガティブな言葉を再体験している状態に。
そう考えると、ポジティブな言葉を使うといいですよね。
お子さんに対しても、肯定的な言葉を選ぶことで、
まず親御さんから変わっていくそうです。

コミュニケーションには、声掛けが必要ですよね。
褒める、承認するような言葉を、お子さんにも掛けてあげてください。
日々使っている言葉を振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

放送の内容は、Podcastにアップしています。
気になった方はぜひ聴いてみてくださいね。


放送内容 NEW

1月19日の放送内容


今週の曲

今週はドラマの主題歌特集!!
♪Romanticが止まらない/C-C-B
♪Bad City/SHOGUN
♪CHA-CHA-CHA/石井明美
♪WISH/嵐
♪空と君のあいだに/中島みゆき
♪Can You Keep A Secret?/宇多田ヒカル
♪ポケベルが鳴らなくて/国武万里
♪潮騒のメモリー/天野春子
♪星空のディスタンス/ALFEE
♪やさしくなりたい/斉藤和義
♪Are You Ready To Ska?/東京スカパラダイスオーケストラ

JiJi川柳今週のお題・大賞作品

今日のお題は・・・「願掛け、ジンクス、おまじない」

ナチュラリスト読書会

毎週、番組おすすめ&一文字おすすめの一冊の本を紹介するコーナー。
今日紹介する426冊目の本は…こちら!
堀川 惠子著『教誨師』

ナチュラリスト流 ひろしま食農塾

毎日口にしている食べ物や、
その食べ物を作っているの農業のことについてお話を伺います!!
「せとか」
出演:JA広島果実連 牧本祐一さん

ラジオカーレポート

●『禅ぱんのベーグル』
レポーター:新木緑さん
中継先:安芸郡坂町鯛尾 禅ぱん
出演:折出隆幸さん

●『消費税増税前リフォーム相談会』
レポーター:関本梨央さん
中継先:広島市南区出島1丁目21-15 山根木材 納得すまいる館
出演:初瀬さん

柳田理科雄先生の空想科学ラジオ読本デラックス

「小惑星探査機 はやぶさ2」について

今週の深掘シャベル

親子教育相談所
出演:喜田先生
テーマ:子どもの心を育てるコミュニケーション



明後日は成人の日ですね!
今日の放送は、20年前のヒット曲をかけてみたり、
川柳は「二十歳の君へ」で募集したり、
皆さんからも新成人の思い出など、たくさんいただきました。
川柳の作品、ご自身への忠告が多かったのも気になりますが…

今日盛り上がったのがボードゲーム!
「OH!マニアックラブ」で、ボードゲームマニアの久保さんから
おすすめいただいたゲーム「ガイスター」!
まさかの番組中にスタジオに!



番組が10時54分までですが、
なんと10時55分にはもうゲームはスタート!!
ゴーストを題材としたこのゲーム、
なんだかかわいい見た目に反して、なかなかの心理・頭脳戦!
一戦交えて勝者は・・・一文字さんでした!
ゲームを終えた一文字さんの感想は、「これ買う!」
お二人とも楽しくプレーされてましたよ~

ボードゲームの種類は、久保さんによると10万以上はあるとか!!
皆さんも挑戦してみてはいかがですか?



今日の深掘りシャベルは、
映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の原作者、
歌川たいじさんにお電話でお話を伺いました。

歌川さんの過去の経験をもとに描かれたこの作品。
肥満でいじめられ、母親には施設に入れられ、
家に戻ってからは、本格的な児童虐待が始まる…
そこから歌川さんがどうやって立ち直ったのか、
きっかけとなった出来事や言葉と共に描かれています。

「ばあちゃん」や友人たちとのかかわりから、
自分の「変わりたい」という思いに気づき、変わる努力をし、
母親と向き合っていったそうです。

歌川さんのお話の中で、非常に印象的だったのが、
「人から受けた傷は、人しか癒していけない」
「希望をなくさないことが一番大事」という言葉でした。

いじめや虐待という、辛い過去とも向き合い、まず自分が変わっていく。
歌川さんにとって、現実だからこそ、
描かれている一つ一つの言葉や出来事が考えさせられます。

皆さんも『母さんがどんなに僕を嫌いでも』ぜひ手に取ってみてくださいね。



こちらの『花まみれの淑女たち』は、歌川さんの最新作の小説です。
読書会でも一文字さん、紹介されていました!
気になった方はこちらの作品もぜひ!



TOP