ナチュラリスト読書会


今月もこの日がやって参りました、第二週目の三浦さんのジャケ買い!
今月のラインナップはこんな感じ!

◎今月のおすすめ
・卵の尾/瀬尾まいこ/新潮社

◎ジャケ買い
・ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。/幡野広志/PHP研究社
・日常会話で使いたい 数学用語事典/上原博明/彩図社
・心を整えル―/大柴宗徹/自由国民社
・体感する宇宙/竹内薫/KADOKAWA
・月夜のサラサーテ/森博嗣/講談社

三浦さん、紹介する予定の本を眺めていて、なんだか胸騒ぎが・・・?
なんと『体感する宇宙』のジャケ買い登場は二度目だったとか!?
ということで、こんな写真も!



三浦さんが心なしか申し訳なさそうです・・・
長くご出演いただいていると、こんなこともあるんですねぇ

今月皆さんが気になった本はどれでしたか?
ぜひ買って読んでみてくださいね~!



僕は、たまった本を西区にある「岩書房」に買い取ってもらっている。
本の買取りはお金にならないが、
せめて本の好きな人に買い取ってもらいたい。
そんなわがままを言い、本分社の財津さんに紹介してもらった。
ある日。
「こんな面白い本がありますよ」と岩書房さんに教えてもらったのが、
穂高健一著「広島藩の志士」

僕は歴史が大嫌い。
「いい国作ろう、鎌倉幕府」って、
大喜利みたいな暗記にうんざりしてきたから。
でも「広島藩の志士」で衝撃!
面白かった!そして、その先にあるメッセージは・・・?

答えにたどり着きたくて、まずはこの本に。
著者 磯田道史さんのユニークな語り口でスラスラ読めた。

これを教科書or副読本にしたらいいのに、と思った一冊。

             一文字弥太郎



放送が終わった夜、時々、数少ない友人から電話やメールがはいる。
「岡さん、いいわー。お前なしでやって欲しいわ。」とか
「はるか、ほんまにおいしかった?」とか
「ラジオカーに取材してもらうには、どうしたらええん?」とか
「あのメール、おもろすぎ」とか。
批判されることもあり、それはそれでイラッとするけど、
貴重な意見だと思って、拝聴する。
いや、ごめん。正直に言えば、スルーしてる。
少し前に。
「お前さあ、きょうのフリートーク、
 女に媚び売ってるよな。」と、ショートメッセージ。
続けて「それで(=女に媚び売って)いいことあった?」
・・・ないよ。15の頃から女性に媚びを売っても、
いいことなんてなかったさ。
いいことなんてあるわけないだろ?!
そう返信しようとして、この本を思い出す。

『女は、虐げられれば自分のことだけを考えるのだが
(哺乳類のメスは、自己保全をしないと種が残せないので)、
 大切にされれば、その母性を社会全体に向ける‥‥』

おっ!まさに!これだ!
他者に寛容さのない時代、必要なのは「母性」ではないのか?
母性を社会に向けるには、僕らは女性を大切にしなければならないのだ。

そんな内容を返信したら・・・
「わかった!勝負だ!」
もうわけわかんないっすー、一体何の勝負なの?!

             一文字弥太郎



毎月第二土曜日の読書会は、
ジュンク堂書店 広島駅前店 三浦さんのジャケ買い!
今日のラインナップはこちらです!

【今月のジャケ買い】
・うつ消しごはん/藤川徳美/方丈社
・いつにも増してブスな気がする/ヤゴウ/KADOKAWA
・けんちく体操 首都高ドライブ編/チーム建築体操/エクスナレッジ
・終わっている臓器/坂井建男/徳間書店
・三省堂国語辞典 第七版 広島東洋カープ仕様/三省堂

◎オススメ
・流星コーリング/河邉徹/KADOKAWA

今日は、一文字さんが『流星コーリング』、
岡さんが『うつ消しごはん』をお買い上げ!
皆さんもぜひ書店へ足を運んでみてください♪



リスナーにもらった一冊。
登場する男3人がそれぞれの価値観を考えるので、
ワイドショーのようなズバッとした結論はない。
けれど、読後 しんみり考えさせられた良書。

読んでいて自分も、身に覚えのある感情があった。だからひきこまれた。

誰かが殺されたり、呪われたり、どん底の病気に冒されたり、
そんな大きな不幸はないのに、読者をひきつける作品の素晴らしさに嫉妬。

たてがみ、欲しい―!
             一文字弥太郎



TOP