ナチュラリスト読書会


まいったなあ。清水健さん、むちゃくちゃ、いい人だった。
早く着きすぎたことを詫び、
「ありがとうございます、こんな機会をいただいて。」
社交辞令ではなく、温度が伝わる言葉の持ち主でした。

実を言えば、僕の方が清水さんから元気をいただいた。
愛する人を失うという「絶望」を体験した人に励まされる、なんで?!
僕は、励まされたままでいいの?
何かできることはないの?!
その答えを今も探しています。

いつか時間をたっぷりとって、清水さんの講演を紹介できれば。
そんなことも考えつつ。

自分ががんになったら・・・の答えは少しあるけれど
「もし、家族ががんになったら?」
その答えを考えるきっかけに。
この本、おすすめです。

               一文字弥太郎



毎月第二土曜日の、ジュンク堂書店広島駅前店 三浦さんの今月のジャケ買い!
今月のラインナップは…

【ジャケ買い】
パンツが見える。羞恥心の現代史/井上章一
名探偵コナン 犯人の犯沢①/かんばまゆこ
出会い系サイトで70人と実際に会って
        その人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと/花田菜々子
パンダと犬/スティーヴン★スピルハンバーグ
℃℃℃ドリル

【今月のおすすめ】
大日本プロレス公式写真集 COUNT 0/大日本プロレス

でした。
次回のジャケ買いもお楽しみに!



『ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて久しくとどまりたるためしなし。
世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。』
暗記したねー、意味も理解せず。
鉄砲の伝来がどんな意味があるかもわからず、暗記したねー、
「以後予算が増える1543年」。
パスカルの原理もチンプンカンプンちちんぷいぷいだったけど、
とにかく暗記して乗り越えた。

一夜漬けの暗記なので、試験が終わると何も覚えていない。
そんな高校生の頃、こんな教科書があったら、もっと「方丈記」を読んだだろうか?
もっと「方丈記」に感動しただろうか?

「ゆく川の水のように、幸せも、悲しみも流れていく」
「この世は無常だと知らされるとより一層、前向きな生き方になる」
「この世で、幸せになれるかどうかは、心ひとつで決まる」

鴨長明さんのメッセージ、今なら琴線に触れるのだが、
盗んだバイクで走りだしたかったあの頃に、だ。
そんなことを考えた一冊。
今あらためて「方丈記」を読むには最適!
原文もある、方丈庵を訪ねる現地ルポもある、イラストもほんわかしていい。
本棚に置いておきたい良質な一冊だ。

「絶望的な災害や不幸にあっても、命を大切にして生きる」
まさに、今、読むべき「方丈記」ではないだろうか?

          一文字弥太郎



TOP