ナチュラリスト読書会


2018年はスポーツ界に「パワハラ問題」が噴出。
まだまだ指導者による体罰はなくならないね。
効果的なトレーニングを知らない&考えられない指導者が持ち出す
「精神論」「根性論」
そして「チームのために」は、
気をつけよう、尻込みしよう、とっとと逃げよう。
これって企業も同じだと思う。
頭で考えるな!死ぬ気でやれ!勝つためなら、儲けのためなら何でもやるぞ!
著者はそれを止めるのが「教養」、
『教養は本能を制御する力』だと指摘する。
さらに、教養のない国民がもたらす民主主義の危うさも。
僕らは暴走する権力者を止める教養を持っているか?!
まだまだ学び続けなければならない。
しびれる一冊!脳天バックドロップをくらった衝撃がこの本にはある。

             一文字弥太郎



TOP