今週のハイライト


今週の深掘シャベルは「もんげーバナナ」を特集。
「もんげー」は岡山弁で、広島弁に翻訳すれば「ぶち」!
無農薬で、しかも化学肥料を使用せず、なんと皮まで食べられるバナナです。
熱帯ではなくこの日本で、バナナが収穫されているのです。
その苗は福山市で培養しています。




取材したときの衝撃の写真です!
場所は岡山県の「D&Tファーム」
バナナだけではありません。
パイナップル、マンゴー、嘘でしょ?珈琲にカカオまで?!





氷河期を乗り越え、世代を繋いだ植物のチカラに着目。
植物の種子や細胞に、独自の凍結工程・解凍工程で氷河期を体感させ、
順応性を最大限に覚醒させる事に成功!
「凍結解凍覚醒法」で特許を取得した田中節三さんに約4時間インタビュー!
ついに今週の「深堀シャベル」でOA!



放送を聞きながら写真を見て欲しくて、先にUPしました!

                  一文字弥太郎


4月末から更新してなくて、ごめんなさい。
5月もいろんなことがありました。

5日の「深堀シャベル」は、精神科医でクイズ王の森先生を迎え、クイズ大会。
小学生が出演してくれ、こどもの日ならではのクイズ大会に感謝!
次回は敬老の日あたりで開催??
ご長寿クイズ大会をぜひ、実現しましょー!

12日は、『寿命100年時代の天職を探せシリーズ第4弾』
マリホ水族館の飼育員 金丸仁美さんにお話を伺いました。
好きなんですねー、水の生き物が。まさに、天職と感じました。

19日は、東林館高等学校の喜田さんと「子育て今昔ギャップ」を深堀り。

26日には、写真家の赤阪友昭さんに、「アマテラスと蛇」、
「トーテムポールに宿る神話の世界」というテーマでお話しいただきました。
「蛇」はかつて神のような存在だった、というお話し。
お正月の鏡餅は、蛇のとぐろ。あの注連縄も蛇?!
とても刺激的でした。

コーナーが終わり「きょうはありがとうございました」というディレクターの声を制し、
赤阪さん
「あっ!一番大切な水が出る場所だから、蛇口!大切なものは、蛇なんです。」

赤阪さん、飲みながら講義をぜひ!

               一文字弥太郎



TOP