今週のハイライト


今日は2018年最後の放送でした。
今年も毎土曜日、1年間お付き合いいただきありがとうございました!

来年は、一文字さんいわく「アナログが逆襲してくる」とか。
ある予言が飛び出しましたが、皆さん覚えてらっしゃいますか?
「来年レコードが来る!」
さて、どうなるでしょうか?
その流れを先取り!ということで、
来週の曲はレコード特集を予定していますので、お楽しみに!

さらに、トイレの話が盛り上がり、岡さんヒートアップ!
皆さんからも、トイレのおたよりたくさんいただきました。
驚愕の状況を目の当たりにした方もいましたが、
公共の場ですから、きれいに使いたいものですよね…

今年最後の川柳は「10億円当たったら」で募集しました!
一文字さん仰ってましたが、庶民的な川柳がたくさん!
額が大きすぎるとどう使っていいかわからない、
共感する方も多かったのではないでしょうか?
柳田先生に科学してもらったように、簡単に当たるものではありませんが…
夢を見るのは自由!ですよね!

さて、2019年もナチュラリストは1月5日から、
休みなく放送しますので、来年もよろしくお願いします!

以上、宝くじもですが、真っ白な年賀状が気がかりなスタッフでした。



12月24日、25日はRCCラジオチャリティミュージックソン。
今年、週末ナチュラリストは、わくわくラジオ美術館企画で参加となりました。
今回もひろしま美術館のご協力のもと、
学芸員の古谷さんに解説していただきました。

放送では、パブロ・ピカソ「仔羊を連れたポール、画家の息子、二歳」
竹内栖鳳「河畔群鷺」、レオナール・フジタ「裸婦と猫」の3作品をご紹介。
うち、「裸婦と猫」は、皆さんにもイラストを描いていただきました。
送ってくださった方、ありがとうございました!
ぜひ次回も挑戦してみてください。



今回は、企画の名付け親である細川さんと、
さらにリスナーからサキちゃんさん、ビリーさんにも
ご参加いただいての開催!ありがとうございました!
皆さん疑問点がさまざまで、
気になる部分は人によって違うことを改めて実感しました。
前回より細かく描写できていたのではないでしょうか?

細川さんにはスタジオにもお越しいただき、
視覚障害に対する素朴な疑問や、日常生活についてなど、
さまざまなことをお伺いしました。
聴いてくださった方、ありがとうございました。

わくわくラジオ美術館、今後も開催していきたいと思っています!
ご協力いただけるリスナーの方、美術館探しています。
asanama@rcc.net まで、ぜひご連絡ください!



2019年が近づいてきましたね~
今日のナチュラリストも、日本のしきたりについて学んでみたり、
サンタクロースについて科学したり、忘年会ソングを流したり…
年末だなあ、と感じる今日この頃です。
今日は暖かい日でしたが、年末冷え込むこともあるそうで…
朝起きるのが辛いと感じる方は、ぜひ耳を触ってみてくださいね!

さて、今日の放送でもご案内しましたが、
来週24日(月)の正午から、25日(火)の正午まで
RCCラジオチャリティミュージックソンが放送されます。
ゆめタウン広島での公開放送や、RCC本社でのライブなど、
盛り沢山な内容となっております!

今年は週末ナチュラリストも、24日(月)の午後2時から4時まで、
「わくわくラジオ美術館」企画をメインにお送りします!
FAXやTwitterでのイラスト募集も行います!
ぜひお聴きくださいね^^

そして番組からのお知らせです!
来週29日の放送では、年末恒例年忘れクイズ大会をお送りします!
現在参加者を募集しています。
時間は、10時ごろから10時20分ごろまで。
参加してみたいという方、asanama@rcc.netまで、ご連絡ください!



今日のRCCラジオは、全線復旧した呉線沿線の様子を
石橋アナウンサーの中継でお届けしました!
詳しくはこちらのブログをチェック!

ここ数日、一文字さんは腰痛に襲われていたそうで、
何度か悲鳴をあげられていましたが・・・
今日は万全とはいかないものの、元気に4時間生放送!
皆さん今日も長時間ありがとうございました。

エンディングの岡さんの一言まで、お聴きいただけたでしょうか?
先週、先々週は、東京スカパラダイスオーケストラの
谷中さん、GAMOさんの一言でしたが、
今後は毎回、岡さんの言葉で番組が締めくくられます!
番組最後まで、しっかり楽しんでくださいね~^^
聴き逃してしまった方、来週こそは最後までお付き合いください!

さらに、「こんなん出ましたけど・・・」でもご案内しましたが、
12月29日の今年最後の放送では、
昨年に続きまして、クイズ大会を開催します!
そこで、参加いただける方を絶賛募集中!
asanama@rcc.net または FAX 082-221-3300 まで、
ラジオネーム、電話番号、早押しのための合言葉を書いて、ご応募ください!
皆さんの参加お待ちしています♪
勝者へのプレゼントも至急!ご用意しますので、ぜひ!



西日本豪雨から、およそ5ヶ月。
当初、年明けと見込まれていた JR三原駅と安浦駅の間の運転が再開。
今日 12月15日、163日ぶりに呉線が全線復旧しました。
また一つ、復興へ歩みを進めた、この日、
沿線の様子を報告すべく石橋真アナウンサーが中継レポートしました。
『週末ナチュラリスト』では、三原駅~竹原駅の間を
実際に電車で移動しながら現地の空気感をお伝えしました。



朝5時、三原駅の在来線ホームに到着すると、
電光掲示板には、確かに 広駅へいざなう時刻表示。
そして、漆黒の冬空を切り裂きながら、
徐々に近づいてくる列車のヘッドライト。
けっして疑っていた訳ではありませんが、
実際にRed Wingが、ホームに姿を現した時には、
胸が熱くなりました。
そして、誰よりも熱い視線を送っていたのが、
これまで懸命に復旧工事にあたっていた作業員の方々でした。
一様に微笑みを浮かべつつ、
それぞれ、どんな思いで今日を迎えたのでしょう。



ホームで挨拶をされた高田敏明駅長は、
地域自治体の皆さんと地元の皆さんに感謝の気持ちを伝えつつ、
利用するお客様へ安全で安定的な交通サービスを
提供していくことを宣言されました。




三原駅での取材を終え、私たちも呉線に乗車。
瀬戸内海をのぞむ絶景と町並みを堪能しました。
また1つ、日常の風景が帰って来たことを実感しました。
「お帰りなさい!呉線!」



広駅では、同じく今日から運行を再開した
観光列車「瀬戸内マリンビュー」に遭遇!!




おまけ


午後は『ふくふくサタデー』の担当ディレクターと交代。
安芸津駅で石橋アナと中継用機材を残して別れました。
発車した列車に手を振る石橋アナの何とも言えない哀愁…。



TOP