今週のハイライト


今日の衝撃は、柳田理科雄先生のコーナー「かき氷のシロップは全部同じ味だ」

なんと、一般的なかき氷のシロップは、果汁が入ったものは別として、味は同じ。
私たちは、「色と香り」で、違う味だと感じるそうです。

むむむ。。

生まれてもうすぐ36年。
どれほどの時間を「何味のかき氷を食べるか」で悩むために費やしたことでしょう。
その悩んだ時間は、人生の中の無駄な時間だったということでしょうか。。。

悩んでも悩んでも、口に入る味は同じだったなんて…。

今日からはお祭りの屋台でかき氷を頼む時、「何味ですか?」と聞かれても、「どうせ同じ味でしょ?」と言ってしまいそうです…。
明日、とうかさんでかき氷を頼む時、どうしよう…。

まさか36年間、「色と香り」 = 「見た目と香り」に騙されていたなんて…。



そう言えば、学生時代。
顔立ちがよく、シャンプーの香りがする女の子をすぐに好きになりました。でも、いざ話してみるとタイプではなかったり。
デートの前に香水をつけた日もありました。でも、中身は結局 自分です。

そうか。我々人間は、かき氷と同じ。
結局は、見た目と香りで、騙し、騙されていたんだ。


よし。三浦雄一郎さんのように、中身がシッカリした人間にならなくては!!
…と決意しました。

さぁ令和初かき氷を食べに行こーっっと。
隣の席のディレクターは、もう令和初かき氷食べたみたい。
何味を食べたのかな。。。


スタッフ うまこし



TOP