今週のハイライト

ついに完成!!!ということで
今日はペーパークラフト作家遊馬しいしさんさんが
完成版サンプルを持ってスタジオにお越しいただきました~

ちなみに立版古とはとは江戸時代のペーパークラフトのこと。
江戸時代に和紙で歌舞伎の舞台を立体化して、
演者を紙に切り抜いて自由に遊ぶということが流行っていたらしい。

ちなみに『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
北條家 立版古ペーパークラフトは1300円+税で販売。

呉市の澎湃館
クレイトンベイホテル
東京銀座のTAU

また広島県内のお土産ショップでは順次案内

インターネットでは
横川のイリガン珈琲店で販売。

片淵監督と会議に会議を重ねできた作品。
色もアニメの世界に忠実にとこだわっています。

みなさんぜひ手に取って作って遊んでみてください~!!




TOP