今週のハイライト

今日の「OH!マニアックラブ」では、顔ハメ看板マニア(顔ハメ看板ニスト)の塩谷朋之さん(Twitter:@shioya20)に出演していただきました!

何を隠そう、スタッフの私も顔ハメ看板には目がありません。



まずは広島市民のドライブの定番「山賊」
「私も写真撮ったー!」という方も多いのでは!?

ここからは私の勝手な分類を交えながらご紹介していきましょう!

まずは「お店系」
山賊もそうですが、飲食店に設置された顔ハメ看板は、SNSにUPしてもらうことでお店のPRにも繋がりそうな看板です!



これは北海道のスープカレー屋さんの顔ハメ看板。
飲食店は、「食べたものの写真」を撮ることが多いですが、こういった顔ハメ看板があることで、あとで見返した時に、料理だけだなく、さまざまなことを思い出すことができます。
「お店系」は、撮る側の”記念感”をUPさせてくれます!

北海道といえば…たくさんの顔ハメ看板がありました!




これは「施設系」
駅で見つけた顔ハメ看板です!

通常、写真を取るような場所ではない施設に設置された顔ハメ看板は、普段なら通り過ぎて記憶にも残らない場所での記憶を思い起こさせてくれます。



札幌のテレビ塔で撮影した1枚。
これは「観光地系」とでも言いましょうか。
観光地で見かける、まさに顔ハメ看板の定番ですね!
他にも…



これは…たしか羊ヶ丘展望台。
クラーク博士の銅像が建つ場所です。

他には…




左は北海道の金融資料館。
中央は周防大島の道の駅、サザンセトとうわ。
右は徳山動物園。

これも観光地の定番!

そうそう!こんなのもありました!



福岡のスペースワールドにあった宇宙飛行士の顔ハメ。

こうやって見ていくと、全て何かに変身していることがわかります。
武士、駅員さん、羊、福沢諭吉、魚、熊。宇宙飛行士。…ただの人間というものもありますが…(汗)

顔ハメ看板とは、「思い出を残すもの」というだけでなく、「変身願望」「違う自分への憧れ」を少しだけ満たしてくれるものなのかもしれません。。。


ほら。あなたも顔ハメ看板に顔を入れたくなってきたでしょ~!

顔ハメ看板の世界へ、いらっしゃ~い♪♪


スタッフ 馬越



TOP