今週のハイライト


アレクサンダー・グラハム・ベルが、電気式電話機の特許を取得したのは1876年3月のこと。

それからおよそ150年。
人間と電話の関係は大きく変化しました。

“昭和の家”では、電話は玄関にあるものでした。

一般家庭にそれほど電話が普及していない頃は、電話機のある近所の家に電話がかかってきて、その家まで電話をしに行く。
そんな名残もあって、電話は玄関に。
冬の寒い日も、暖房のきいていない玄関で電話をしていました。

そうそう。
新聞の配達が忘れられていた時、販売所に電話をかけて新聞を持ってきてもらうと、一緒に10円玉が入ったポチ袋をもらっていました。
電話といえば10円。そんな感覚、今はなくなりました。

公衆電話にもお世話になりました。
「緊急時にこのボタンを押すと、110番や119番はただで電話がかけられるからね」
そんなことも、親から教わった気がします。

テレビドラマに登場する電話も変わりましたね。
刑事ドラマでは「逆探知するから、会話を伸ばして!!」
こんなセリフが当たり前でした。

いま、電話は手のひらの中にあるものです。

通話だけでなく、メールもできます。

「携帯電話で写真が撮れるようになるらしいよ!」

驚きました。

あれからたった数年。
当時では考えられないようなキレイな写真が撮れるようになり、動画も、スローモーションも撮影できます。

電話機の中に、郵便局も、カメラ屋さんも入りました。
インターネットを使えば、銀行にも、スーパーにもなります。

夢のような光り輝く世界です。



でも光になれば、闇にもなります。

今日の番組で話題になったのは、ここ1年~2年で被害が増えているという『国際ロマンス詐欺』
インターネット上で知り合った海外の相手を言葉巧みに騙し、恋愛関係になったかのように錯覚させて金銭を送金させる詐欺のことで、中高年女性が被害にあうことが多いようです。


「SNSで知り合った人をなんで好きになるの?」と思いますが、そんなことを思っている大人も、昔は会ったことのないペンフレンドに憧れたもんです。

新しいものをどう使うか、新しいものにどう慣れるか。


片手で握ることができる電話機の先には、さまざまな世界が広がっています。

良いことばかりではありません。


…ということで、詐欺には引っかからないようにしましょうね!!


今日の「OH!マニアックラブ」では、顔ハメ看板マニア(顔ハメ看板ニスト)の塩谷朋之さん(Twitter:@shioya20)に出演していただきました!

何を隠そう、スタッフの私も顔ハメ看板には目がありません。



まずは広島市民のドライブの定番「山賊」
「私も写真撮ったー!」という方も多いのでは!?

ここからは私の勝手な分類を交えながらご紹介していきましょう!

まずは「お店系」
山賊もそうですが、飲食店に設置された顔ハメ看板は、SNSにUPしてもらうことでお店のPRにも繋がりそうな看板です!



これは北海道のスープカレー屋さんの顔ハメ看板。
飲食店は、「食べたものの写真」を撮ることが多いですが、こういった顔ハメ看板があることで、あとで見返した時に、料理だけだなく、さまざまなことを思い出すことができます。
「お店系」は、撮る側の”記念感”をUPさせてくれます!

北海道といえば…たくさんの顔ハメ看板がありました!




これは「施設系」
駅で見つけた顔ハメ看板です!

通常、写真を取るような場所ではない施設に設置された顔ハメ看板は、普段なら通り過ぎて記憶にも残らない場所での記憶を思い起こさせてくれます。



札幌のテレビ塔で撮影した1枚。
これは「観光地系」とでも言いましょうか。
観光地で見かける、まさに顔ハメ看板の定番ですね!
他にも…



これは…たしか羊ヶ丘展望台。
クラーク博士の銅像が建つ場所です。

他には…




左は北海道の金融資料館。
中央は周防大島の道の駅、サザンセトとうわ。
右は徳山動物園。

これも観光地の定番!

そうそう!こんなのもありました!



福岡のスペースワールドにあった宇宙飛行士の顔ハメ。

こうやって見ていくと、全て何かに変身していることがわかります。
武士、駅員さん、羊、福沢諭吉、魚、熊。宇宙飛行士。…ただの人間というものもありますが…(汗)

顔ハメ看板とは、「思い出を残すもの」というだけでなく、「変身願望」「違う自分への憧れ」を少しだけ満たしてくれるものなのかもしれません。。。


ほら。あなたも顔ハメ看板に顔を入れたくなってきたでしょ~!

顔ハメ看板の世界へ、いらっしゃ~い♪♪


スタッフ 馬越



今日、明日はひろしまフードフェスティバル!
番組も食べ物にちなんでお送りしました。

川柳のテーマは「好きな食べ物・嫌いな食べ物」
好きなものへの愛を語る方、昔と味覚が変わったなあと振り返る方、
はたまた嫌いな食べ物への思いが強すぎる方など・・・
お腹すいたなあ、と思いながら聴いてくださった方もいるのでは?

ラジオカーでも、フードフェスティバル情報お届けしました!
一文字さんも放送後にはお目当てのお店に向かわれたとか・・・?
たくさんの「旨いもの」出店されているので、みなさんもぜひお越しくださいね!

さらに来週の水曜日はハロウィン!
ということで、コスプレの話も盛り上がりました!
ハロウィンの仮装、いつの間にか当たり前の文化になってますよね。
岡さんから出たボディコン、ラムちゃん、勇気がいりそうだな、なんて思いながら・・・

放送後のスタジオは、男女の正義の味方コスプレ論に。
ヒーローは顔を隠したがる、と一文字さん。
仮面ライダーやなんとかレンジャーなど、顔が出ないキャラクターが多いですよね。
対してヒロインはセーラームーンやプリキュアなど、衣装だけ変わる。
男女の違いが何か関係しているのかなあ、と考えてみたり。
ちょっとした番組の裏話でした。



今週、一文字さんに起こった大事件!

その1「洋服の断捨離に成功事件!」

そうそう。それも大事件。

その2「ぎっくり腰もどき事件!」

そうそう。それも大事件。


でも私が一番笑った大事件は…
「車の助手席に誰も乗っていないのに
“シートベルトしてくださいアラームが鳴る”事件!!!」

そう。助手席に人が乗っていないのに、
アラームが鳴り続けるらしいんです。。。

幽霊!?妖怪!?ゴースト!?
すぐにゴーストバスターズに電話だー!!


いえいえ。そんな怖い話ではありません。


ある日、一文字さんは30kgのお米を助手席に載せたそうです。

「出発進行~!」

さっそうと車を走らせていると、「キンコンカンコン」

そう。アラームの原因は、助手席のお米。

そっか。助手席は人肌までは感知してないですよね(汗)


ということで、お米を後部座席に移動させて解決でしょ!?

と思ったら…「ちょっと待った~!!」

覚えていますか?
一文字さんの大事件、その2。
「ぎっくり腰もどき事件」

一文字さんはぎっくり腰もどき。。
無駄に30kgのお米を動かしたくない。。。

結局、お米にシートベルトをつけてドライブを続けましたとさ。。。



一文字さん。助手席にはキレイな女性を乗せたいですよね。。。


週末ナチュラリスト スタッフ



「共有できる」ってやっぱり楽しい、うれしい、あったかい。
何かを加速度的に勢い付ける。

2週にわたってお送りした、
視覚障害の方と美術館を楽しもう!という「わくわくラジオ美術館」
先週は、たくさんのリスナーさんに絵を送っていただき、
楽しい時間を共有できた。
本当にありがたい!

実はこの、リスナーさんにも絵を想像して描いて送ってもらおう!という
きっかけを作ってくれた出来事があった。

1週目の深堀シャベルのコーナー、
視覚障害をもたれる細川さんと美術館を訪れ、
「ムンクの『ある女の肖像』」と
「ゴッホの『ドービニーの庭』」を鑑賞した。

絵を言葉で伝えるのは、やはり難しい。
少ないボキャブラリーで、どこか必死に説明。
見る人で分かれる、色味や表情の感じ方。

細川さんを間違いなく混乱させていたが、
「それも楽しいんです。」と優しい一言。

そして、その模様をラジオで流す。
一文字さんと私は実際に見たわけだから、
音源を聞いても絵が浮かぶわけだが、
「、、、伝わってるかねえ」とスタジオで不安にもなっていた。

学芸員の古谷さんが、
答え合わせのようにとても面白く説明してくれるのがせめてもの救い。

この企画は、不思議なご縁とスピード感で実現したからこそ、
思い入れもあって、ズバリ、反応が気になる。
それが、パーソナリティーの性(さが)。
本気なものほど、むずがゆさも増す。

すると、オンエアーが終わって、
この日から仲間になったスタッフが1枚の紙を持ってスタジオに入ってきた。
何か描いてある。

「僕の想像した、ドービニーの庭、はこんな感じです!」


『馬越画伯のドービニーの庭』


その絵を見た瞬間、

「いいね!来週は、リスナーにも描いて送ってもらおうよ!」
と、一文字さん。

これ、これ!このスピード感!

生放送の、鮮度、勢いはこうやって保たれていく。
企画がまたひとつ膨らみ、好転していく予感がした。

反応ってありがたい。それを共有できたら、心地いい熱が2乗で広がってくようだ。

第3弾がとっても待ち遠しい!!

岡佳奈



TOP