ブログ


今日の深掘りシャベルのテーマは、
イスラム教徒(ムスリム)の方々の食事「ハラルフード」について、
そしてムスリムの方の宗教文化について。
広島駅前で「HIROSHIMA Halal Food」を営む、
新田雅子さんにご出演いただきました!

「ハラル」とは、アラビア語で“許されている”という意味を持ちます。
「ハラルフード」とは、イスラムの教えで食べてもよいとされているもの。
反対に、“禁じられている”を表す言葉は「ハラム」。
ハラムに当たるものには、豚やアルコールなどがあります。

他にも、食事に関しては、
年に1ヶ月ほど日照時間には断食をする、
「ラマダン」の期間もあるのだとか。

食事以外にも、戒律について、宗教観について、神様についてなど、
さまざまなお話を伺いました!

触れてみないとわからない、宗教文化。
今後も取り上げていきたいと思います!
新田さん、今日はありがとうございました!



毎月第二土曜日の読書会は、
ジュンク堂書店 広島駅前店 三浦さんのジャケ買い!
今日のラインナップはこちらです!

【今月のジャケ買い】
・うつ消しごはん/藤川徳美/方丈社
・いつにも増してブスな気がする/ヤゴウ/KADOKAWA
・けんちく体操 首都高ドライブ編/チーム建築体操/エクスナレッジ
・終わっている臓器/坂井建男/徳間書店
・三省堂国語辞典 第七版 広島東洋カープ仕様/三省堂

◎オススメ
・流星コーリング/河邉徹/KADOKAWA

今日は、一文字さんが『流星コーリング』、
岡さんが『うつ消しごはん』をお買い上げ!
皆さんもぜひ書店へ足を運んでみてください♪



今週の曲

今日は「ありがとう」曲特集!!
♪サンキュ./DREAMS COME TRUE
♪サンキュー/ピチカートファイブ
♪39/ウルフルズ
♪内心、Thank you/The 東西南北
♪ありがとう/SMAP
♪Thank you Girl/The Beatles
♪ティアラジック・ア・ドレファミニー/Dressing
♪Thank you for the Music/ABBA
♪ありがとう/井上陽水・奥田民生
♪夜霧よ今夜も有難う/石原裕次郎
♪Are You Ready To Ska?/東京スカパラダイスオーケストラ

JiJi川柳今週のお題・大賞作品

今日のお題は・・・「私のシュウカツ」

ナチュラリスト読書会

番組おすすめ&一文字おすすめの一冊の本を紹介するコーナー!
毎月第2土曜の読書会は、
ジュンク堂書店広島駅前店の三浦明子さんと一緒にお送りします。

ナチュラリスト流 ひろしま食農塾

毎日口にしている食べ物や、
その食べ物を作っている農業のことについてお話を伺います!
「ぷっちょ プリンス清見」
出演:JA広島果実連 牧本祐一さん

ラジオカーレポート

●『RCC 終活博覧会 間もなく開場!!』
レポーター:関本梨央さん
中継先:広島市南区比治山本町16‐31 県立広島産業会館 西展示館

●『終活博覧会 ブース中継』
レポーター:鈴木亜沙子さん
中継先:JA共済・高齢者総合サービスセンター チェリーゴード・広島国際大学
出演:深川 綜一朗さん・池田 真純さん・坂井 塁さん・原田 真希さん

柳田理科雄先生の空想科学ラジオ読本デラックス

今日のテーマは…「動物性集合胚」について

GET THE VICTORY! サンフレッチェ ダイアリー

リーグVを目指すサンフレッチェ広島を応援するコーナー
レポーター掛本智子さんがサンフレッチェの魅力を解説してくれます!!

<<試合結果>>
●ACL2019 3月5日(火)20:00~
広州天河体育中心 広州恒大 戦
広島0-2広州恒大

<<ナチュBIG>>
●9日(土)16:00~ 
 ヤンマースタジアム長居 セレッソ大阪 戦

<<得点予想>>
一文字…2-1
岡…4-3
掛本…1-0

得点をみごと当てた人の中から抽選で1名の方に、
にしき堂から豪華「お菓子の詰め合わせ」をプレゼント!
皆さんの得点予想お待ちしています!

<<マンスリークイズ>>
Q.サンフレッチェ3月の残りの試合は、Jリーグ、ACL合わせて4試合。
その4試合で、いちばん点を取るのはどの選手でしょうか?

クイズの正解者の中から1名の方に、野津田岳人選手と森崎和幸CRMの
直筆サイン入りミニサッカーボールをプレゼント!

今週の深掘シャベル

テーマ:ハラルフード
出演:新田雅子さん



今日の深掘りシャベルは、生理の話。
女性にとっては長年ついて回るものでも、
男性はなかなか実情を理解しづらい部分がたくさん・・・
助産師、精神科ナースなどの肩書を持つ、
シオリーヌさんこと大貫詩織さんに、
生理についての知識をアップデートしてもらいました!

体の機能としてだけではなく、
生理前や生理中には体調を崩してしまったり、
気分が下がったりすること、
ナプキンを使用する際の不快感など、
女性の気持ちを赤裸々に語りました。

共感や自分はこういうのが辛い、という女性の意見、
知らなかったことがたくさんあった、という男性の意見、
たくさんお寄せいただき、ありがとうございました。

もちろん個人差はありますが、
女性が生理に対してどう向き合っているのかを
知っていただけたのではないかと思います。
シオリーヌさん、ありがとうございました!


こんにちは。スタッフの馬越です。

今日の「深掘りシャベル」では、
助産師、精神科ナースなど、さまざまな肩書をお持ちの“シオリーヌ”さんこと
大貫詩織さんに電話をつなぎ、「生理」について深掘りしました。

恥ずかしながら、知らなかった話、深く知ろうとしていなかった話を伺うことができました。

世の中は、「男女平等」でないといけないと思いますが、男と女は性染色体が違うわけで。違いがあるのは確かです。

その違いを、お互いに尊重し、認め合うことも大切ですよね。

親しい仲でさえ、なかなかざっくばらんに話すことのない「性」の話。

男性も知らないといけないな、考えてないといけないな、と感じました。



やはり日本は、「性」について話すことがタブーになっている気がします。

それは「恥じらい」や「血液への穢」の意識、また「神聖なもの」という感覚からくるのかもしれません。

ただ、そんな感覚も時代と共に変化していくきもしますし、変化しないといけない気もします。



日本には「本音と建前」という言葉があるように、「本音を言わないこと」が文化になっています。

そして、そこに美意識があります。


「言わなくても伝わる」「察してもらえる」「空気を読む」「みなまで言うな」「雰囲気で」

その感覚は、親しい存在ほど如実に表れます。


もちろん、それもとっても素敵なことだと思いますが、ただ、「分かったつもり」「知ってるつもり」は怖いこと。

ボタンの掛け違いが始まる可能性もあります。


夫婦と、家族と、パートナーと、職場での仲間と。

今より少し「本音」で話してみるのもいいかもしれませんね。


スタッフ 馬越



TOP