今週の深掘りシャベルは、東林館高等学校理事長、喜田先生の親子教育相談所。
テーマは「こども食堂」でした。
主に孤食や貧困のこどもを対象に開かれている食堂です。
ご飯を食べられるだけでなく、人とのコミュニケーションをとる場にもなっています。
今日の放送は、Podcastにアップしているので、
放送を聴けなかった方はぜひ聴いてみてくださいね!



今日のゲストは,横川で『街のホームページ屋さん』をされている、
株式会社リコネクトの代表、北村真弘さん!

ホームページって必要?値段に幅があるけど、どんな違いが?
維持・管理はどうやってしていけばいい?など、
ホームページを持つときに知っておきたいあれこれを教えていただきました!
ホームページの内容や、更新できる頻度によって作り方も変わってくるとか。

北村さん注目のアプリのお話も伺いました!
さらに詳しく聴きたかったのですが、残念ながら時間切れ…
次はアプリの話もぜひ!
リスナーの皆さんからの、おすすめアプリのご紹介もお待ちしてま~す!



今月のジャケ買い、ラインナップはこちら!

◎今月のおすすめ
・愛と勇気を、分けてくれないか/清水浩司/小学館

◎ジャケ買い
・ニッポン駄菓子工場/Beretta/雷鳥社
・進化論キーワード図鑑/池田清彦/宝島社
・マサイのルカがスマホで井戸を掘る話/ルカ・サンテ&GO羽鳥/Gakken
・たろとミフネさん、時々ヨシダさん/橋本裕敬(たろの父)/ぴあ
・おばあちゃんが、ぼけた。/村瀬孝生/新曜社

今回は、一文字さんが「ニッポン駄菓子工場」、
岡さんが「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」を購入!
次回のジャケ買いもお楽しみに~^^


4月末から更新してなくて、ごめんなさい。
5月もいろんなことがありました。

5日の「深堀シャベル」は、精神科医でクイズ王の森先生を迎え、クイズ大会。
小学生が出演してくれ、こどもの日ならではのクイズ大会に感謝!
次回は敬老の日あたりで開催??
ご長寿クイズ大会をぜひ、実現しましょー!

12日は、『寿命100年時代の天職を探せシリーズ第4弾』
マリホ水族館の飼育員 金丸仁美さんにお話を伺いました。
好きなんですねー、水の生き物が。まさに、天職と感じました。

19日は、東林館高等学校の喜田さんと「子育て今昔ギャップ」を深堀り。

26日には、写真家の赤阪友昭さんに、「アマテラスと蛇」、
「トーテムポールに宿る神話の世界」というテーマでお話しいただきました。
「蛇」はかつて神のような存在だった、というお話し。
お正月の鏡餅は、蛇のとぐろ。あの注連縄も蛇?!
とても刺激的でした。

コーナーが終わり「きょうはありがとうございました」というディレクターの声を制し、
赤阪さん
「あっ!一番大切な水が出る場所だから、蛇口!大切なものは、蛇なんです。」

赤阪さん、飲みながら講義をぜひ!

               一文字弥太郎




「大学時代、10人以上のコンパは行かない」と決めていました。
別に、コンパは演芸場ではないのだけれど、
モテない僕には「おもしろかったー」と言ってもらえることが唯一の救いだったのです。
だけど10人以上のコンパとなると、いつもよりウケない!
これには理由があります。
10人以上のコンパとなると、仕切り屋=司会役が現れ、
そこに向けて、できるだけ短い言葉で笑いをとらなければならない。
これが僕にはできなかった。
僕はしゃべっている人の反応を見ながら、話題を探すタイプ。
10人以上となると、もうイベント、対パーソナルな展開ではないのです。
コンパの帰り、たったひとりで賀茂川の土手を歩いて行う「ひとり反省会」は、
みじめ・・・でした。
卒業してからも、10人以上集まるパーティ(結婚式や歓送迎会)でスピーチを頼まれるのですが、ことごとく外してきまたした。
だから、決めました。
10人以上集まる「場」では、しゃべらない。そもそもそんな「場」には行かない、と。

ところが最近、『50人から60人集まるある会合で1時間話しをして欲しい』と依頼がありました。もちろん、断ろうと思いましたが、その人は以前 この番組でお世話になった人で・・・義理と人情秤にかけて、ここで断ると縁が切れると思い、引き受けました。
引き受けてから、猛烈に2冊の本を読みました。
どちらも名著です。ぜひ、読んでみてください。

そしてきょう、その会合がありました。とても温かく迎えていただきました。
それなのに・・・太田川の土手を歩き「ひとり反省会」です。
どこまで僕の伝えたいことが伝わったのか?!まったく自信ないです。
本を読み知識を蓄えても、自分の血となり肉となるには、「経験」や「失敗」が必要です。
当たり前ですが、読むだけではだめなのです。
そんなことを実感した夜。
ああ、誰か僕に話し方教室を!!

                一文字弥太郎



TOP