ブログ


当時、付き合っていた女性と「E.T.」を観に行った。
映画館は、満員だった。
彼女はとても感動し、スピルバーグ監督を絶賛。
「どちらかと言えば、JAWSだな」と言った僕に
「そういうところが嫌い」と一言。
まさに、僕はいやな人間だった、反省しかない。

異星人が地球にやってきて、一人取り残されてしまう。
その異星人を少年がかくまうストーリー。
とにかく感動したかった彼女に、僕は不適格だった。

SFやファンタジーの世界では、「ファーストコンタクト」がとても重要だ。
いつも取り上げられるテーマ。
この本は、『ファーストコンタクト』でも特筆される名作だ。
未来なのに、過去を彷彿させ
なにより、出会ってからが哲学的だ。
想像力をたくましくすれば、
この惑星から、本来の哲学や宗教が生まれたのでは?
そんなことを思ってしまう。

1982年。「E.T.」を一緒に観たあとで彼女は・・・
「私、E.T.みたいに、大切にされた気がしないんだけど」と、一言。
そっか。僕は、どんな風に大切にしたらいいかわからなかった。
月まで自転車で走れば、よかったのか?!
今ならできるのだろうか?
宇宙人のように、君を愛すればよかった。

この本を薦めてくれた田村さんに、感謝!

             一文字弥太郎



今週の曲

♪太陽がいっぱい/徳永英明
♪Dream Fighter/Perfume
♪奇跡/くるり
♪福笑い/高橋優
♪ファイト・ソング/レイチェル・プラッテン
♪藍/スキマスイッチ
♪俺たちの明日/エレファントカシマシ
♪ええねん/ウルフルズ
♪大切をきずくもの/Chara
♪Any/Mr.Children
♪Are You Ready To Ska?/東京スカパラダイスオーケストラ

JiJi川柳今週のお題・大賞作品

今日のお題は…「2019年下半期の誓い」

ナチュラリスト読書会

毎週、番組おすすめ&一文字おすすめの一冊の本を紹介するコーナー。
今日紹介する448冊目の本は…こちら!
ジェイムズ・P・ホーガン著
『断絶への航海』

ナチュラリスト流 ひろしま食農塾

毎日口にしている食べ物や、
その食べ物を作っているの農業のことについてお話を伺います!!
今週は、JA広島北部 ふれあいたかた産直市から、産直市情報です!

ラジオカーレポート

●『住まいの快適化リフォーム大相談会』
レポーター:鈴木亜沙子さん
中継先:広島市南区出島 山根木材 納得すまいる館
出演:上東さん

●『オススメの旬の商品紹介』
レポーター:関本梨央さん
中継先:安芸高田市吉田町山手1945‐1 ふれあいたかた産直市
出演:小田店長

柳田理科雄先生の空想科学ラジオ読本デラックス

今週のテーマは…「水の力」について

GET THE VICTORY! サンフレッチェ ダイアリー

リーグVを目指すサンフレッチェ広島を応援するコーナー
ピッチレポーター掛本智子さんがサンフレッチェの魅力を解説してくれます!!

<<試合結果>>  
●30日(日) 18:30~
県立カシマサッカースタジアム 鹿島アントラーズ 戦
広島2-2鹿島

<<ナチュBIG>>
●6日(土) 19:00~
エディオンスタジアム広島 セレッソ大阪 戦

一文字…2-1
岡…6ー0
掛本…2-0

得点をみごと当てた人の中から抽選で1名の方に、
にしき堂から豪華「お菓子の詰め合わせ」をプレゼント!
皆さんの得点予想お待ちしています!

今週の深掘シャベル

豪雨から1年、船木地区を取材

仕立て屋タッキーのファッションプレス!

メンズ&レディース トータルファッションを仕立てる専門店
「サルトリパーロ」の店主 タッキーが生出演する月イチ企画。
今月のテーマは「人類の靴への思い」



突然ですが皆さん、これはなんでしょう?
そう、一文字さんの手元に届いた、大量の片耳用イヤホンです!
なぜそんなことになったのか・・・
番組を聴いていただけた方はご存知ですよね?

一文字さんは意図せずのイヤホンの爆買いとなりましたが、
皆さんの爆買いエピソードは、川柳で披露いただきました!
ささやかな爆買い、という、
一見矛盾しているような気もする言葉を思い浮かべました。笑

さらに今日起きた事件(?)といえば・・・「ブラ」の話!
岡さんと掛本さんのOAに乗っていない会話を、なんと一文字さんが暴露!
ブラ特集、実現するのか、するならばどんな特集になるのか?
正直スタッフにもまだわかりませんが、ゆる~っと、そんな話もあったなと
頭のものすごく片隅にでも置いておいてくださいね。

今日も4時間お付き合いいただき、ありがとうございました!



今日の深掘りシャベルは、ハンセン病問題についてお送りしました。

福山市にある盈進学園中高等学校のヒューマンライツ部は、
ハンセン病問題を20年以上学び続けています。
今回、中学生の7名が、
岡山にある国立ハンセン病療養所 長島愛生園で活動すると聞き、
取材させてもらいました。


      収容桟橋


       回春寮

島をめぐり、
入所者が上陸するときに使われていた収容桟橋、
入所者がまず連れて行かれていた収容所である回春寮と
その中にある消毒風呂や
監房、納骨堂など、案内してもらいました。


      消毒風呂


       納骨堂

さらに、元患者である田村さんのお話を聞くことができました。
ご自身やご家族が味わった苦痛、どこにでもある差別や偏見、いじめ問題、
辛くても死んではいけない、恨んだってしょうがない。
田村さんの言葉、皆さんはどう感じたでしょうか。




今日放送した内容のほかにも、
取材で学んだこと、伝えたいことがたくさんあります。
皆さんにも放送を通して、少しでもハンセン病問題について
知っていただければ、と思っています。

田村さん、盈進学園中高等学校のヒューマンライツ部の皆さん、
ありがとうございました。



僕は言葉にできない「切なさ」が好きだ。
切なさとは、心が切れるほどの思い。
悲しさとも違う。
儚さとも違う。
哀れさとも違う。

僕は勝手に、
「切なさ」を
「不可能と知っていながらわずかな可能性に賭ける勇気」にした。
賛同してくれる人に、この2冊の絵本はおすすめ。
いろんな意味で「切なさ」がある。

この絵本は、ずっと本棚に置いておく。

             一文字弥太郎



TOP