阪神淡路大震災で最愛の息子さんを亡くされた、加藤りつこさん。
絶望から這い上がることができたのは、
「盈進学園ヒューマンライツ部」との出会いだったとおっしゃいます。
今回、ヒューマンライツ部の皆さんに、お会いしてきました。


盈進中高等学校のヒューマンライツ部には、活動のテーマが大きく4つあります。
 ・地域貢献活動
 ・ハンセン病問題から学ぶ活動
 ・東北などの被災者支援交流活動
 ・核廃絶の署名活動
3つの柱である、忘れない、寄り添う、学び続けるを大切に、活動を継続しています。

皆さんは、学んだことをプレゼンテーションしたり、作文を書いて発表したりしています。
放送では、皆さんの書いた作文や、活動を通して考えたこと、学んだことについて
インタビューした様子をお届けしました。

「正しく知って正しく行動する」
皆さんがハンセン病の療養所を訪ねて出会った、キムテグさんの言葉です。
核廃絶の署名活動では、被爆者の方から直接被爆体験を聞くことができたこともあるそうです。
部員のひとり、重政優さんは、これまでの核廃絶の署名活動や、
「ハーフじゃなくてダブル」という考え方を書いた作文がきっかけでローマ法王に謁見し、
核廃絶への思いを直接訴えたそうです。

加藤さんは、ヒューマンライツ部の皆さんと出会い、
生きる希望を見出すことができたとおっしゃっていました。
番組では、皆さんとの交流を今後も続けていきます。
これからお伝えしていくヒューマンライツ部の活動も、
皆さんに届き、考える機会になってほしいと心から願っています。


ヒューマンライツ部の皆さん、ありがとうございました!



毎月第2週の読書会は、ジュンク堂書店広島駅前店の三浦さんに本をご紹介いただいています。
今月のラインナップは…

【オススメ】
天に向かってつば九郎 漫画:まがりひろあき 講談社
うえむらちかのカープごはん。 うえむらちか ザメディアジョン
崩れる脳を抱きしめて(広島本大賞 小説部門受賞) 知念実希人 実業之日本社
カウンターの向こうの8月6日(広島本大賞 ノンフィクション部門受賞) 冨恵洋次郎 光文社
ちゃんと食べとる?(広島本大賞 ノンフィクション部門受賞) 中本忠子 小鳥書房

【ジャケ買い】
サイコパス解剖学 春日武彦×平山夢明 洋泉社
本のエンドロール 安藤祐介 講談社
おのみち怪談 東雅夫/光原百合/青井典子/門賀美央子/林良司 本分社

でした。
今月は一文字さんが「おのみち怪談」を購入!
皆さんも気になった本、手に取ってみてくださいね♪


今日の深掘りシャベルは、岡さんが行っている「手づくり祇園むかしばなし『お話ライブ』」について詳しく伺いました。


「ぬすまれた虚空蔵さん」とオリジナルキャラクターのぎおんえもん


お話ライブの物語は、岡さんが学ばれている、民俗学のフィールドワークでわかったことが元になっています。さらに町史などの資料からわかることや、地域の方への取材なども盛り込んだ、祇園地区ならではのストーリーです。
さらにお話ライブでは、取材した内容や写真も紹介されています。物語にまつわる場所、旧跡などは、今でも町の中に残っているので、たどっていくこともできます。



今日披露いただいたのは「ぬすまれた虚空蔵さん」というお話。
リスナーの皆さんからたくさん感想をいただき、岡さんもとっても喜んでました!
radikoやラジオクラウドで聴くことができるので、ぜひ聴いてみてくださいね^^
番組でもまた取り上げたいと思っているので、お楽しみに♪



昔は、よく怒ってたなあ。
あれ、自分を鼓舞したかったんだよね。
うまく行かないことを自分より弱い人のせいにしたかったんだよね。
もっと言えば、徹底的に『支配』したかったんだよね。
すべてこっちの都合で、怒られる人にとっては、とても迷惑な話だ。
「ごめんなさい」と何度謝っても足りないだろう。
自分も理不尽に怒られて、やっと気づいた。
怒る人は、だめだって。
その時、猛烈に反省した。

読書会でこの本を紹介したら、50歳代の女性から
「結婚してからずーっと、姑と夫に怒られている。
昔は反論して怒り返していたけど、今は心の中で笑ってやり過ごしている」、
というメールをいただいた。
そう、怒り返すなんてもったいない。怒りは、喜びを破壊するのだから。
気づいた女性には、きっと喜びが訪れているはず。
気づけよ、いい年した姑と夫よ!
というわけで、この本、あなたの家の本棚に、ぜひ。

              一文字弥太郎



今週から番組宛てのメールアドレスが変わりました。
asanama@rcc.net

また、新しいジングルも登場。
ジングルは、コマーシャルへ行くときや、曲・コーナーの切り替わりなどに使うアレです。
みんなで考えて、来週もっと多彩に増えて行きます。

そして
「ポストカード」「特製てぬぐい」に続き、ニューグッズを発表!
その名も「ちょっと不便な栞のテーマ」
手島プロデューサーの提案で、長い時間かけて議論して完成。
これ、なかなかいいんです。
「時事川柳」「いかがなものか?!」で出していきますが
もちろん、番組の感想・意見などにも出していきます。

皆さん、新しいメールアドレスにどんどん送ってください!

               一文字弥太郎



TOP