今週の深堀シャベル


カメムシと言えば、強烈な悪臭。そのニオイは手を洗ってもとれない!
ベランダにやってきては、洗濯物にくっつき、
わずかなすき間から部屋まで侵入、農家の人は、
果実の汁を吸うカメムシに悩まされっぱなし!

もう!なんなのアイツ~!!!ということで、
今日は緊急特集と題してカメムシのあれこれについて深掘り。

カメムシはなんでクサイの?
あのニオイってなんなの?
カメムシはどうやったら寄り付かないの?

などといったカメムシに対するみなさんからの疑問を
カメムシ研究者の藤崎憲冶さんに教えてもらいました!

カメムシのあの嫌な臭い、実はパクチーと同じ成分なんですって!
パクチーの味をよく”カメムシの味がする~”と言いますが、
あながち間違ってないんですね!

また、カメムシが多い理由の一つとして、
森林伐採をしスギやヒノキを植林して増やしたことで、
その実を食べるカメムシもどんどん増えたとこのこ。

キライ!キライ!と言いつつも、もともとはにんげんの責任。
人間が増やしたと言っても過言ではないんですね。

これからもカメムシと上手に付き合っていきましょうね!
黄色い蛍光灯を嫌うそうなので、ぜひご参考下さい~



皆さんは、#KuTooってご存知ですか?
ヒール着用の強制をなくそう、という活動です。
今日の深掘りシャベルでは、
「#KuToo」の発信者である、石川優実さんにインタビューしました。

ご自身の経験をもとに、発信を始めた石川さん。
賛同する方、批判する方、さまざまいらっしゃるそうですが、
皆さんに知っていただきたいのは
「ヒールの着用反対」ではなく「ヒールの強制反対」であるということ。

仕事をするのにヒールが果たしてマストなのか。
さらに、個人で動くだけではなく、
考え方や社会のルールから変えていかなければ、
なかなか実現は難しい問題です。

この活動は、「女性」の「ヒール」についてですが、
置き換えられる場面はいろいろあると思います。
少しでもしがらみのない社会になれば素敵ですね。

石川さん、ありがとうございました!




今週の深掘りシャベルは、ナチュラリスト流・明治維新再検証第4弾!
東広島市志和町にある「西蓮寺」を訪れ、
穂高健一さんにインタビューしました。



志和は、700m級の山に囲まれた盆地で機密性が高く、
水と米がある、という地の利を生かし、
城を移す計画も具体的に進んでいたそうです。
城跡や石垣の跡も現在まで残っており、
城から出るための抜け穴の跡も見せていただきました。



さらに西蓮寺には、神機隊の本陣が置かれていたそうで、
お寺の敷地内には神機隊のメンバーのお墓が並んでいました。
戊辰戦争に出征し、戦いの中、亡くなってしまった隊員たち。
東広島郷土史研究会の吉本さんによると、
現地で埋葬されていましたが、本陣である西蓮寺に
後にまとめた方がいらっしゃったそうです。




今回お話を伺った小川栄さんは、
曽祖父の小川道甫(清介)さんが
神機隊で軍医をされていた頃の記録をお持ちでした。

今日の放送の内容は、Podcastにアップしています。
こちらから聴けます!
これまでの回も含め、ぜひお聴きください。

無いとされていた史料が見つかることで、
次々に明かされていく、明治維新前後の広島の歴史。
これからも注目です!



今日の深掘りシャベルは、
毎月第3土曜日にお送りしている
東林館高等学校理事長 喜田先生の親子教育相談所。
今月のテーマは「学校に行かないという選択」でした。

不登校の原因は人それぞれ。
フォローも一人一人違います。
不登校のお子さんを支えていくシステムが、
日本ではまだ不十分だそうです。

日本と外国の制度の違いについても、紹介いただきました。
アメリカでは、学校に行けなくても、
ホームスクーリングが認められているそうですよ。

今日の放送の内容は、Podcastでも聴くことができます。
気になった方は、こちらからチェックしてみてくださいね。



今日の深掘りシャベル、テーマは「消費税」。
来月から10パーセントになりますが、
これにはどんな意味がある?金額は妥当?
増税に踏み切った日本の経済の背景は?など
大西つねきさんにインタビューした模様をお送りしました。

大西さんによると、政府の借金は国民の資産であり、
資産から税金を払う、というシステムはおかしいのだそうです。
いまの金融システム、資本主義は行き詰っていて、
変えようと動く人が増えているのだとか。
世界の金融システムを変えていくには、日本から始めることが大事だ、と
お話しいただきました。

大西さんは、YouTubeでも動画を配信されているので、
気になった方はぜひご覧くださいね。
大西さん、ありがとうございました!



TOP