今週の深堀シャベル

今日の深掘りシャベルは、
寿命100年時代の天職を探せシリーズ第5弾!
今回は「学芸員」の仕事を深掘りしました。

お話を伺ったのは、広島県出身で、
現在滋賀県立琵琶湖博物館の主任学芸員をされている、金尾滋史さん。
学芸員を目指した経緯やどうやったらなれる職業なのか、
どんな仕事をしているのかなど、さまざまなお話を伺いました!

金尾さんは幼いころから生き物が好きだったことが、
学芸員を目指すきっかけになったとか。
資格が必要となる職業なので、大学で学芸員課程の単位をとる、
または試験を受けて免許を取得もできるそうですが、試験は非常に難関らしく…
大学の場合は教育実習のように、博物館実習もあるそうです。
学芸員は、募集自体が非常に少ないので、
希望通り就職できるのはとてもラッキーなことなんだとか!

学芸員の仕事は、ある分野の専門家として研究を進める、
展示やイベントを企画し、作る、収蔵庫で資料を保管し、管理する、など。
専門分野によっても、仕事の内容には違いがあります。

ヨーロッパでは、日常に博物館が溶け込んだ生活をされている地域もあるそうです。
博物館がもっと気軽に行ける場所になると素敵ですね^^
金尾さん、ありがとうございました!



今日の深掘りシャベルは、東林館高等学校理事長、
喜田先生の「親子教育相談所」でした。

まもなく2学期が始まりますが、
近年、夏休み明けのこどもの自殺が増えているというデータがあるそうです。
そこで今月のテーマは「こどものSOS」でした。

SOSのサインは人それぞれですが、
寄り添って、学校に行くのを強要しないなど、どう対応するといいのか、
お話しいただきました。

今日の放送は、Podcastでも聴くことができます。
気になった方、ぜひ聴いてみてくださいね。



今回のゲストは、山岳ガイドの清水正弘さん!
山のプロの清水さんが選ぶ
「私の愛する山、山を中心とした山辺ベスト3」を発表してもらいました。

ひとつめは庄原にある「比婆山」!
比婆山は、古事記の舞台となった場所で、
頂上にはイザナミの墳墓があるという伝説が残されています。
日本人の山に対する、聖なる信仰の原点が見られる山です。

ふたつめは鳥取県の「大山」!
山岳修験道の聖地として栄えています。
頂上到達ではなく、山全体を使って心身を鍛えるために登る山だとか。
今年開山1300年を迎え、
山の日の今日は第3回山の日記念全国大会が行われたそうです。

みっつめは、世界最高峰のエベレストを含む「ヒマラヤ山脈」!
二億年前の大陸間移動の際、
ユーラシア大陸とインド大陸の衝突で隆起したのがヒマラヤ山脈。
地球の生命の証を体感できるような場所だとか。
標高は8000m以上!日本アルプスと比べても圧倒的な高さです!

実は清水さんは今日、大分の国東半島で山登り中でした!
開山1300年を迎えた六郷満山での護摩焚き法要のお話、電話で伺いました!

山に登るのは、登山自体を目的とするというよりは、
けがれた自分を洗い直すという意味で登るのだとか。
清水さんのお話を聴いて山に登りたくなった方、ぜひ挑戦してみてください^^



今日は写真家の新井卓さんにお話を伺いました。
新井さんは、写真黎明期の技法である、
ダゲレオタイプ=銀板写真の制作活動をされています。

ダゲレオタイプは、銀の板に写真を撮る技法。
制作過程では、銀の板を鏡のように磨いたり、
薬品を使用したりと、非常に手間がかかるそうです。
銀板自体が写真なので、見ている自分も写真のなかにいるような、
不思議な魅力をもっています。

新井さんが写真を始めたきっかけや、原爆ドームの写真について、
高校生のポートレートを撮る活動についてなど、
さまざまなお話を伺いました。

新井さんとフォトジャーナリストの小原一真さん、
華道家の片桐功敦さんによる展覧会「三」は、
中区橋本町にあるギャラリー交差611で17日まで開催中です。
9日の午後7時からは、3人のトークベントが行われます。
また、8月8日から10日までの3日間は、
袋町にある旧日本銀行広島支店でも、作品が展示されます。
みなさんもぜひ、会場を訪れてみてください。



TOP