今週の深堀シャベル


今日の深掘りシャベルは、ハンセン病問題についてお送りしました。

福山市にある盈進学園中高等学校のヒューマンライツ部は、
ハンセン病問題を20年以上学び続けています。
今回、中学生の7名が、
岡山にある国立ハンセン病療養所 長島愛生園で活動すると聞き、
取材させてもらいました。


      収容桟橋


       回春寮

島をめぐり、
入所者が上陸するときに使われていた収容桟橋、
入所者がまず連れて行かれていた収容所である回春寮と
その中にある消毒風呂や
監房、納骨堂など、案内してもらいました。


      消毒風呂


       納骨堂

さらに、元患者である田村さんのお話を聞くことができました。
ご自身やご家族が味わった苦痛、どこにでもある差別や偏見、いじめ問題、
辛くても死んではいけない、恨んだってしょうがない。
田村さんの言葉、皆さんはどう感じたでしょうか。




今日放送した内容のほかにも、
取材で学んだこと、伝えたいことがたくさんあります。
皆さんにも放送を通して、少しでもハンセン病問題について
知っていただければ、と思っています。

田村さん、盈進学園中高等学校のヒューマンライツ部の皆さん、
ありがとうございました。



今日の深掘りシャベルは、明治維新再検証シリーズ第二弾!
「浅野家の平和思想」をテーマに、
『広島藩の志士』の著者、穂高健一さんにお話を伺いました。

戦争は民のためにならないと
幕府と長州の対立の際には、仲介役を買って出た浅野家。
その平和思想は、戦争によって発生する被害を考慮し、
自分たちの命を懸けてまで止めようとするほどでした。

大政奉還を指示する藩論が統一されていたのも、
浅野家の思想が元にあったと考えられ、
現代の広島にも、平和を重んじる思想は引き継がれています。

今日の放送の様子は、Podcastにアップしています。
気になった方はぜひ聞いてみてくださいね。

次回はいったい、どんな歴史が紐解かれていくのか…
シリーズ第三弾もお楽しみに!



毎月第三土曜日の深掘りシャベルは、
東林館高等学校 理事長 喜田先生の親子教育相談所です。
今回は、家庭教育やしつけで一番悩みの多い
「こどもの叱り方」というテーマでお話を伺いました。

最近、虐待が問題となっていますが、
体罰を与えなくてもしつけはできますよね。
叱ることに対する親の心構えや
こどもを傷つけずに伝える方法、
さらには具体的な場面ごとの叱り方など、教えていただきました。

今日の放送の内容は、Podcastにアップしています。
ぜひ聴いてみてくださいね。



今日の深掘りシャベルはなんと!
三浦雄一郎さんにお越しいただきました!

プロスキーヤー、登山家、冒険家など、さまざまな肩書をお持ちの三浦さん。
今年1月に登頂に挑戦されたアコンカグア、
3度の登頂に成功されたエベレスト、
さらにプロスキーヤーとしてのお話など、
さまざま私たちには想像できない経験談を伺いました。

ずっと順風満帆だったわけではなく、
不摂生が祟った時期もあり、
滑降による骨折など、大怪我に苦しんだこともあったそうです。

トレーニングには、足に重りをつけたり、
10㎏以上もあるリュックサックを背負ったり…
履かれていた靴も、ゴトンと音がするほど重いものでした…!

これから挑戦したいことについてもお話しいただきました。
さらに教育に関するお話も…?
聴き逃したという方も、ぜひ聴いてみてくださいね!
三浦雄一郎さん、ありがとうございました!



皆さんはスマホですか?
スマホの方は、どんなアプリを使っていますか?

今日の深掘りシャベルはアプリ特集、大好評につき第3弾でした!
おなじみ「街のホームページ屋さん 株式会社リコネクト」の代表、
北村真弘さんにお越しいただきました。
最近手がけた面白いホームページもご紹介いただきつつ・・・

今回の北村さんチョイスの神アプリ、ラインナップは
音楽を聴かせると、その曲の情報を教えてくれる「Shazam」、
自分用にカスタムできるキーボードアプリの「Word Board」、
ToDoリストではなく、日々の習慣を管理する「Streaks」など・・・
さらに話題の「Uber」や「Uber Eats」のお話も!

皆さん気になるアプリはありましたか?
気になったもの、使ってみてはいかがでしょうか^^

実は今日の放送後に、北村さんとランチミーティングを行いました!
アプリ、ITはどんどん進化していきますよね~
今後も北村さん、ご教授よろしくお願いします!



TOP