今週の深堀シャベル

今日の深掘りシャベルは、「わくわくラジオ美術館 第4弾」

改めて「わくわくラジオ美術館」とは…
この企画は、目の不自由な人と一緒に美術館を訪れ、
学芸員の方と共に、一文字・岡が、どんな作品なのかを説明し、
想像して楽しんでもらう、というもの。
    
第4弾となる今回の「わくわくラジオ美術館」の舞台は、
広島市にある「広島県立美術館」!

現在「広島県立美術館」では、
“秋の所蔵作品展 みんなが選んだ名品セレクション”と題して、
人気投票を行った結果をもとに構成された
人気作家・作品による展覧会が行われています。
    
今回の「わくわくラジオ美術館」に参加してくださった方は、
3度目の参加となるビリーさん、2度目の参加となる月夜のネコさん、
カメライフさん・シャントットさんご夫妻と、
初参加のまっちゃんさん。

そして!!今回は初ゲスト!
漫画「ヤンキー君と白杖ガール」の作者、うおやまさんも一緒に、
広島県立美術館の学芸員、神内有理さんに案内してもらいながら
以下の3作品を鑑賞。

●平山郁夫さんの、1962年の作品『受胎霊夢』
●サルバードル・ダリの、1939年の作品『ヴィーナスの夢』
絵画だけじゃなくて彫刻にも挑戦!
●圓鍔勝三さんの、1985年の作品『月夜の僧』

放送でみなさんに想像してもらいながら書いてもらったのは
平山郁夫さんの『受胎霊夢』

画像はみなさんに描いてもらったものです♪
だいたいあっている…!!凄い!!

ツイッターでも【#わくラジ】で募集したので
チェックしてみてください。
リスナーさんが描いてくださった絵が見ることができますよ~

みなさんはどうでしたか?音で伝わりましたか?

美術館の楽しみ方っていろいろあるな~と改めて考えさせられます。

みんなで、あーでもない、こーでもないと言いながら鑑賞するのも
面白いですね~。

広島県立美術館では、「対話型鑑賞会」といって、
わくわくラジオ美術館みたいに
学芸員さんが選んだいくつかの作品を
みんなでお話しながら鑑賞できる機会があります。

日時 11月16日(土)15:00~ 

みなさんぜひ体験してみてください♪




TOP