今週の深堀シャベル


今週の深掘りシャベルは、東林館高等学校理事長の喜田先生の親子教育相談所!
テーマは「昔と今、子育てはここが違う」でした。
皆さんから届いたメールをご紹介しながら、お話を伺いました。
親子教育相談所は、Podcastにもアップされているので、
放送を聴けなかった方は、ぜひ聴いてみてください!



今年の1月からはじまった
「寿命100年時代の天職を探せ!」シリーズも第4弾となりました。
今回の職業は水族館の飼育員!
スタジオには、現在マリホ水族館に魚類担当として勤務されている、
金丸仁美さんにお越しいただきました。

金丸さんは、小学生のころから水族館の飼育員を目指していたとか。
大学では、幅広く海について学んだそうです。
しかし、水族館の仕事は狭き門。
全国どこへでも行く覚悟はしていた、とお話されていました。

もともと、三重県の鳥羽水族館でセイウチのショーなども担当されていました。
動物とのコミュニケーションは、テンションが大事。
慣れてくると、その日の動物のコンディションもわかってくるそうです。
岡さんおすすめの鳥羽水族館のショーは圧巻です!

マリホ水族館のダイバーショーは、リニューアルされたばかり。
他の水族館とは違ったショーをしたいとおっしゃってました。
みなさんもぜひ訪れてみてくださいね!



今週の深掘りシャベルは、5月5日の子どもの日ということで、
「子どもの日クイズ大会」を開催しました。
問題作成は番組でおなじみ、クイズ王の森先生です。

お子さん二人にご出演いただき、とってもほんわかした気持ちになったところで、
大人の早押し対決!

ご出演いただいたみなさん、ありがとうございました!
そしてたくさんのご応募も、ありがとうございます^^

不定期の開催ですが、次回もお楽しみに♪



3月31日に三江線が廃線になってから、約1ヶ月が経過しました。
今週の深掘りシャベルは、
「安芸矢口企画」の代表、小野和彦さんにお話を伺いました。
廃線後の地域の様子や代替バスについて、鉄道資産の活用について、
GWに開催されるイベントのご紹介など、多岐にわたりお話いただきました。

バスは鉄道よりも細々と停まるなど、利便性が生かせる部分もありますが、
観光に行くには時刻表がわかりにくいなど少し不便な点も…
地域の方向けのバスの乗り方講習会などの取り組みがあったそうです。

全国で他にも廃線になった地域のお話もありましたが、
廃線ではなく、未成線=できあがらなかった鉄道もあるとか。
未成線や廃線をめぐる、
「ロストラインツーリズム」を楽しむ方もいらっしゃるそうです。

今後三江線沿線の地域では、
住民の方々の移動をどう工夫していくのか、
鉄道資産をいかに活用していくのかがポイントとなります。

まもなく発足するNPO法人江の川鐵道の事務局長、
森田一平さんにお電話をつなぎ、組織の活動についてお話しいただきました。
また、GW中開催の、三江線を撮り続けた二人の撮り鉄の方のトークイベントや、
宇都井駅前で開かれる「天空の駅カフェ」をご紹介いただきました。

また、安芸矢口企画では、
三江線の代替バス乗り継ぎ時刻表を作り、Web上で公開しています。
コンビニのコピー機にも登録されているそうです。
プリント予約番号は、
セブンイレブン「X2UMK828」
ローソン、ファミリーマート「CL4TNEFEH4」です。

今後の三江線、また特集したいと思います。
小野さん、森田さん、ありがとうございました!



今週の深掘りシャベルは、
東林館高等学校理事長、喜田先生の「親子教育相談所」
テーマは「どう変わる?小学校の英語教育」でした。
先生が目撃した英会話の珍事件の話も交えながら、お話しいただきました。
Podcastにアップしていますので、ぜひ聴いてくださいね♪



TOP