今週の深堀シャベル


今日の深掘りシャベルは、
久しぶりのわくわくラジオ美術館企画!
先日、三次市にある奥田元宋・小由女美術館で行った様子を、
9時台、10時台に分けてお送りしました。

今回参加いただいたのは、企画の名付け親、細川さん、
二度目の参加となるグラサンビリーさん、
ご夫婦で初参加のカメライフさんとシャントットさん!
そして学芸員の吉川さんに解説していただきました。

紹介した作品は、奥田元宋「待月」と「紅嶺」・「白嶂」、
奥田小由女「月の別れ」でした。



元宋さんが風景画家となるきっかけとなった作品、
「待月」を皆さんにも描いていただきました!
作品はこちらをチェック!

そして「元宋の赤」を象徴するような「紅嶺」と、
対をなすように描かれたとされる「白嶂」。
大迫力の2作品を前に、息をのみました。



小由女さんの人形作品である「月の別れ」は、
元宋さんとのつながりが深く感じられる要素がたくさん。
皆さんにも伝わったでしょうか?

わくわくラジオ美術館は、今後も開催していきます。
参加してみたいという方、ぜひ番組までご連絡くださいませ♪
ラジオの前からの参加も大歓迎です!
次回の開催もお楽しみに^^



毎月第三土曜日の深掘りシャベルは、
東林館高等学校 理事長 喜田紘平先生の「親子教育相談所」。
今月は、GW中に喜田先生が訪問された
イスラエルについてお話しいただきました。

近年イスラエルは、
「世界一のイノベーションを生み出す人材を輩出する国」として
注目されているそうです。

教育の違いや、親と子の接し方の違い、
日本にも取り入れたいと思った仕組みなど、
興味深い点がたくさん!

今日の放送は、Podcastにアップしています。
気になった方はぜひ聴いてみてください!



今日の深掘りシャベルは、先週の読書会でご紹介した本、
『1日3時間働いておだやかに暮らすための思考法』の著者、
山口揚平さんのインタビューをお送りしました。

・情報はファストフード、考えることが最強のスキル
・ディズニーランドはチケットで儲けていない
・ご縁の縁は、お金の円より強し

以上の3つのキーワードが出てきました。

情報はあればあるほど考えなくなる、
だから情報が必要になれば、自ら取りに行くと
お話されていた山口さん。

他にも、会社を辞めたいと思っている人は
どうやって稼いで自立すればいいのか、
2020年のオリンピック後に、日本は変わるのか、
地方では縁がよりより大切になるのはなぜか、など、
さまざまな疑問にお答えいただきました。
さらに岡さんが気になっていた、SNSに関するお話も。

今日の深掘りで興味を持った方は、
ぜひ山口さんの本を読んでみてくださいね。



今日の深掘りシャベルは、
『広島藩の志士』の著者、穂高健一さんに教わる、
明治維新を再検証するシリーズ第一弾!
「明治新政府に封印された芸藩志」というテーマで、お話を伺いました。

ペリー来航から明治4年までの広島藩の歴史が記された芸藩志。
明治政府から指示を受けた浅野長勲が、
300人もの人手で、10数年もかけて書いたそうです。
しかし、明治政府にとって都合の悪い内容だったため、
芸藩志は封印されてしまいます。

芸藩志とはどういうものなのか、
なぜ封印されてしまったのか、
封印に対して、広島藩はなぜ抗議しなかったのか…
今日の放送では、芸藩志封印の謎について、紐解いていきました。

シリーズ第二弾では、いったいどんな謎が語られるのか…
今後の展開もご期待ください!



今日は、大注目のマンガ『ヤンキー君と白杖ガール』の作者、
うおやまさんにスタジオにお越しいただきました!
どんな方か全く知らない状況でのご出演でしたが、
うおやまさん、女性でした…!

先日の読書会でもご紹介したこの作品は、
弱視の女子高生と純情ヤンキーが繰り広げるラブコメディです!
二人の関係にキュンキュンしながらも、
ほろりとなるシーンもある、素敵なマンガです^^

最近のマンガ家事情や作品についてなど、
様々なお話を伺いました。
うおやまさん、ありがとうございましたー!



うおやまさんの作品、
『ヤンキー君と白杖ガール』の表紙はこんな感じです!
既刊1巻で、6月には2巻が発売予定だとか!
皆さんも書店でぜひ手に取ってくださいね♪



TOP