一文字弥太郎と岡佳奈がラジオリスナーの皆さんと一緒に農業や地産地消、食などを学びます。
広島の旬な野菜や果物などの情報や、美味しい野菜や果物の食べ方。農業の楽しさや大切さなど楽しい雰囲気でお送りするコーナーです。
リスナー皆さんからの身近にある食や農業についてのお便りも受け付けています。
『ニンジンが苦手な我が家の子どもはこういう工夫をすると食べる様になりました』
『産直市でこんなもの見つけました!』
『家庭菜園で子どもと野菜を作っているんだけど上手な育て方教えて!』
『農業の楽しさや大変さ』などなど、質問やほのぼのネタまで幅広く受け付けます。
(※週によっては、お便りテーマがあります)
時には専門家のアドバイスを交えながら農業に関する疑問を解決したり、ちょっとためになる話題が満載です。
是非お聴き下さい。

2019.09.14 (Sat) OA

江田島市沖美町の「菊」が最盛期を迎えています!
生産者の山本 真由美さんに、お話を伺いました。

Q いまが最盛期だそうですね!
・菊の旬は秋(9月〜11月)。
 いまはお彼岸に向けて出荷が増える、忙しい時期。

Q いつごろから作っている?
・江田島では、昭和24年ごろから菊の栽培がずっと続いている。
・山本農園でも、昭和25年ごろから栽培。
 今はご主人とご主人のご両親、息子さんご夫婦と
 外国人実習生の皆さんと作っている。
・数年前に、品評会で「農林水産大臣賞」をもらったことも。

Q 品種・色について
・一輪の大きい花や小菊などさまざまで、色も3色ずつ。
 100種類近くある。
・時期によっても変わるが、70種類くらい作っている。
 手のかけ方も、品種や時期、気候によっても変わってくる。
・はやりなどもあるので、何年か経つと育てる品種を変える。
・昔と比べて気温が高くなったので、暑さに耐えうる品種を栽培。

Q 去年の豪雨災害について
・大きな被害を受けた。
 畑が全てダメにはならなかったが、
 被害を受けなかった部分も後に花が枯れてしまうなどの被害も。
・今年は復旧したが、大雨の時に工事中の箇所に泥が流れてしまった。
・雨が多い・日照りが続くなど、気候に左右されやすい。

FAX
 082-221-3300

Eメール
 radio@rcc.net

「ナチュラリスト流
 食農塾」まで
個人情報の取扱について
 
 
JAグループ広島