一文字弥太郎と岡佳奈がラジオリスナーの皆さんと一緒に農業や地産地消、食などを学びます。
広島の旬な野菜や果物などの情報や、美味しい野菜や果物の食べ方。農業の楽しさや大切さなど楽しい雰囲気でお送りするコーナーです。
リスナー皆さんからの身近にある食や農業についてのお便りも受け付けています。
『ニンジンが苦手な我が家の子どもはこういう工夫をすると食べる様になりました』
『産直市でこんなもの見つけました!』
『家庭菜園で子どもと野菜を作っているんだけど上手な育て方教えて!』
『農業の楽しさや大変さ』などなど、質問やほのぼのネタまで幅広く受け付けます。
(※週によっては、お便りテーマがあります)
時には専門家のアドバイスを交えながら農業に関する疑問を解決したり、ちょっとためになる話題が満載です。
是非お聴き下さい。

2019.01.19 (Sat) OA

今年も出荷が始まった、柑橘の女王「せとか」をご紹介!
JA広島果実連の牧本 祐一さんに伺いました。

Q いつから出荷されていますか?
・昨日初出荷。今日から市場に並ぶ。
 1月中旬から2月中旬は、ハウスせとか。

Q 今年の作柄は?
・生産量280トンを見込んでいる。
 全国的にみると、4位くらいの生産量。
・大崎上島や安芸津など、さまざまな地域から施設ものが出てくる。
・ハウス栽培することで、品質管理が徹底され、
 いいものができあがっている。

Q 「柑橘の女王」と呼ばれる理由とは?
・外観の美しさ。大玉できれいな赤橙色。
・糖度が13度以上。優しい酸味と濃厚な甘み。
 ずっしりと、美味しさがまるごと詰まっている
・みかんのように、簡単に皮がむける。薄皮も食べられる。

Q 栽培するのが大変だそうですね?
・棘が多いので、果実が傷つきやすい。
 紐で玉を吊る、枝吊りを行う。
・退色が早い。
 サンテという黒いストッキング資材で覆い、紫外線と退色を防止。
・大玉は一玉1000円。贈答に喜ばれる。

FAX
 082-221-3300

Eメール
 radio@rcc.net

「ナチュラリスト流
 食農塾」まで
個人情報の取扱について
 
 
JAグループ広島