おひるーなブログ


ビールで広島を元気にする男!

ビールスタンド重富の重富寛さんをお迎えしました。

重富さんはなんと映画「日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)」を製作。

ビール誕生の歴史を追ったドキュメンタリー作品です。

監督は娘の美空さんで、重富さんもストーリーテラーとして登場しています。

この映画の上映会が、6月16日の父の日にエディオン蔦屋家電で行われます。

予約制となっているので、詳しくはこちらをチェックしてください。

また当日は「ビールスタンド重富」も特別出店されますよ!



来週 5月28日から、広島で「国際ニンニクシンポジウム」が

開催されるのをご存知ですか?

国際イベントが初めて日本で、しかも広島で開催されます。

今回は、ニンニクの口中への研究が発表されるとか…気になります。

そんなニンニクの秘密について、

湧永製薬の薬剤師である鈴木千絵美さんに伺いました。

日本では、最も古い医学書である「医心方」や

あの「源氏物語」にも夏風邪薬として登場するなど

薬として使われていたそうです。

食材として用いられてきたのは、明治時代から。

熟成することにより成分が変化するため、血流が良くなったり、

疲労回復の働きがより強くなったり、

油で炒めることによっても血流も良くなると報告されているそうです。

スタミナ食材として抜群のニンニクですが、

バランスよく取り入れてください、とのことでした。


TOP