おひるーなブログ


RCCの隣にある広島城は広島藩初代藩主・浅野長晟が入城して今年でちょうど

400年というメモリイヤー!今年は各地でいろんなイベントが開催されています。

浅野氏広島城入城の歴史と関連イベントについて広島県 環境県民局 文化芸術課

文化創造グループ主査の和田貴博さんに教えてもらいました。

1589年に毛利元就の孫、毛利輝元により着工、1599年に完成した広島城。

毛利輝元、福島正則についで1619年旧暦の8月8日(現代の9月15日)に

浅野長晟が広島城に入城しました。

その後、明治時代に至るまでおよそ250年間、浅野家が12代にわたり広島藩を

治めますが、戦時中は大本営が城内に設置されたり1945年の原爆投下では

建物が爆風により一瞬にして倒壊。1958年には再建され2006年には

日本100名城に選定されるなど様々な歴史をもっています。

そして、入城400年に関連したイベントも続々!

 

  • 今日~10月20日(日)

広島県立美術館 「入城400年祈念 広島浅野家の至宝-よみがえる大名文化-」

  • 9月16日(月)~11月17日(日)

広島市立中央図書館 「浅野家と広島藩~初代長政から最後の藩主長勲まで~」

  • 9月16日(月)

   広島城本丸広場 「広島ダンスレボリューション」   などなど。

 

この機会に改めて、広島の歴史に触れるのはいかがですか?

 


TOP