おひるーなブログ


今日のゲストは、番組準レギュラー、シニア野菜ソムリエで、野菜の化身こと花井綾美さん!
脇役じゃない!主役級のおいしさの「祇園パセリ」について教えてもらいました。
広島が誇る「祇園パセリ」は、安佐南区の祇園地区で70年前から種を守り継がれてきた国内でも珍しい品種。現在約30軒の農家さんが栽培していて、その中心が「パセリーヌ」という素敵な愛称をもつ女性農家さんたち!
パセリーヌ…思わず呼んじゃいたくなるかわいい愛称におださんも吉田さんもハマり、ラジオを通してパセリーヌのみなさんへアイドルユニット結成を提案しました。


「パセリと鶏ササミのわさびマヨあえ」
材料(2人分)
 パセリ 100g
 鶏ササミ 4本
 クルミ 6~7個
A
 マヨネーズ 大さじ1
 練りわさび 小さじ1
 しょうゆ  小さじ2

作り方
 ①パセリは熱湯で約1分茹でて水気を切り、絞って粗く刻む。
 ②鍋に水を入れて沸騰させ、鶏ササミを加えて再び沸騰させて火を止め、約10分おく。
 ③Aの調味料を合わせておく。
 ④鶏ササミを食べやすい大きさにほぐし、③とパセリと混ぜ合わせる。
 ④③に粗く砕いたクルミを加えて合わせる。
  ※パセリは葉も茎も一緒に調理して食べましょう。
  ※鶏ササミは鍋の余熱で調理するとパサつかずふっくら仕上がります。
 


TOP