RCCラジオ ラジプリズム

毎週 月曜・火曜・水曜・木曜 放送

  1. TOP
  2. 木曜
  • 2018年08月09日(木)

    木曜日!!

    サマーカンダキャラバン 第一弾

    平成最後の夏、カンダがいろんなところへ足を運び、
    部員や周りの人と遊んだり、助け合ったりする企画「サマーカンダキャラバン」。

    今日はその第一弾として、部員の宿題を電話でお手伝い。
    職業人インタビューで、カンダ部長に話を聞きたい部員ネームニルヴァーナくん、
    そして同じくラジオディレクターに話を聞きたい部員ネームあッキーくんが
    番組に電話出演してくれました。


    そして、部員ネーム・金魚掬いで掬った鯉さんのリクエストにお応えして、
    ネタコーナーのポイント2倍キャンペーンを実施。
    久しぶりに、「シンリャクGO!!」を行いました。
    お題は、サマーカンダキャラバンの頭文字をとってSKC
    大賞は、M川アザラシさんの
    「ス カイ チュリー」でした。


    まだまだ、番組やカンダ部長への要望、待ってます!

    語ってみた。

    今日の語ってみたは…「Fate/EXTRA Last Encore

    2010年に発売されたゲーム(RPG)。Fateシリーズの世界観を受け継ぎながらまったく新しい物語を構築。2018年1月から全10話で放送、7月に11話〜13話までが放送された。Fateシリーズと同じ用語・マスターや聖杯は出てくるが、虚構世界SE.RA.PHの中で行われます。

    【あらすじ(世界観解説)】
    月面にて発見された人知を超える物体ムーンセル・オートマン、あらゆる事象をコントロール可能な力を持つそれは万能の願望機「聖杯」に等しい。その力を手に入れるため、世界各地の組織や勢力がそのムーンセル・オートマンが作った霊子虚構世界SE.RA.PHにアクセスし、ムーンセル・オートマン自身が自分にふさわしい担い手=マスターを選別するために「聖杯戦争」を行う。要するにスーパーコンピュータが作り出す電脳空間セラフで、その管理権限を手にするために行われるバトルが本作における聖杯戦争です。主人公のハクノは、月の聖杯戦争に参加する128組のマスター&サーヴァントの一人。原因不明の記憶喪失で自分の素性も分からないままに命を懸けた聖杯戦争の舞台に巻き込まれた最弱のマスターと、赤のセイバーの物語。

    ◎ シャフト制作の「Fate」
    大人気シリーズ「Fate」は様々なアニメ会社がアニメ作品化してきた。今回は「化物語」や「魔法少女まどか☆マギカ」などで知られる制作会社シャフトです。1話から最終話まで、スピード感あふれる戦闘シーンや色彩表現・シャフトならではの演出など、虚構世界という不思議な場所を見事に映像化しています。今やFateの代名詞となっているufotable制作とは違う、シャフトならではの演出と映像美を存分に体感できる作品です。

    ◎ 謎の多いデータ世界の登場人物たち
    虚構世界の中で、階層を上へ上へと目指していく物語。各階層にはフロアマスターがいて戦う事になる。彼らはそれぞれに目的や思想を持っていて、それぞれがデータ世界の途方もない時間の中であがいている。さらに主人公は何者なのかもわからない。とにかく一見では分かりにくく、難解な部分も多い作品ですが、それが階層を上がるにつれて徐々に全体像が見えてくるシナリオは考察の余地も多くあり、考えれば考えるほど深みを増すストーリーです。

    ◎ 根幹にある「生きる事」というテーマ
    謎だらけの主人公が「どうして上を目指すのか」という疑問。それが作品を通じて提示される「生きる事」というテーマに繋がるような内容になっている。人が生きるとはどういうことか、という命題がデータ世界を舞台にしていることでより強く浮かび上がってきます。難解な物語だけど、中心にあるものはとてもシンプルで普遍的、力強い。ラストシーンは非常に熱い物語になっていると感じます。

    ★上記のような魅力に加えて、最後の最後はヒロインである赤のセイバーがとにかく可愛い。最高の英雄でヒロインでした。

    OA曲

    ♪スタートダッシュ/スピラ・スピカ
    ♪吾輩はオス猫である/Gero
    ♪Bright Burning Shout/西川貴教
    ♪これから〜うたとピアノ〜/坂本真綾