はじめに

歳を重ねた人が、自らの人生の終わりに向けて活動する「終活」という言葉が、社会に定着し始めました。

何か準備をした方がいいんだけど、何からしたらいいのか分からないという漠然とした不安を感じる人もいらっしゃるでしょう。
また一方で、最期に向けた準備もいいけれど、人生の終わりまでしっかり楽しみたい!という人もいらっしゃるはずです。

2019年3月、RCCは、誰もが迎える人生の終わりに必要な情報をご提供しながら、シニア世代が明るく元気に生きていくための学びの場を目指して、「RCC終活博覧会」を初めて開催いたしました。
2日間で6,100人の方にご来場いただき、関心の高さが浮き彫りとなりました。

今回もRCCラジオで活躍している番組パーソナリティたちが出演し、来場者の皆さんと一緒に学び、考えていきます。
広島に生きる皆さんと繋がりあって行くことを心がけてきたRCCが、シニア世代の皆さんと「終活イベント」にぜひご来場ください。

ゲスト

image
3月21日(土) 13:30~
ゲスト:林部 智史

プロフィール
林部 智史(はやしべ・さとし)
生年月日:1988年5月7日
2016年2月24日、シングル「あいたい」でデビュー。
"今、もっとも泣ける歌"として口コミで広がり、15万枚を突破。
2016年末には、「第58回輝く!日本レコード大賞 新人賞」「第49回日本有線大賞 新人賞」を受賞。
その後、オリジナルアルバム「Ⅰ」、カバーアルバム「カタリベ1」等リリース。
2018年秋からは、"はやしべさとし"として、日本の唱歌や童謡、美しい調べを歌い継ぐ叙情歌コンサートも開始。
2019年、約1年ぶりとなる5枚目のシングル「希望」リリース。
デビュー5年目となる2020年も、全国各地でコンサートを開催。
現在、「林部智史のラジ音」がRCCラジオで放送中。

image
3月22日(日) 13:30~
ゲスト:生島 ヒロシ

プロフィール
フリーアナウンサー 生島ヒロシ(いくしま・ひろし)
1950年12月24日 宮城県気仙沼市生まれ。
1971年単身渡米し、1975年カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科卒業。1976年TBS入社、ラジオ番組を振出しに、アナウンサーとして活躍。1989年独立。
その後、ファイナンシャルプランナー、NPO日本食育インストラクター、防災士、eco検定、福祉住環境コーディネーター、ヘルスケアアドバイザー、金融知力インストラクターの資格を取得しているほか、東北福祉大学客員教授、みやぎ絆大使、みなと気仙沼大使、警視庁高齢者交通事故防止アドバイザーなども務める。
現在、TBSラジオ系『生島ヒロシのおはよう一直線』等の番組出演、CM出演、講演など多方面で活躍中。
著書に『どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー』(ゴマブックス)ほか多数。