NEW

うららかのたね

前回、世界保健機関が定義する「顧みられない熱帯病(NTDs)」についてお話しましたが、
今回は『スナノミ症』について詳しくご紹介します。

『スナノミ症』は、「スナノミ」というノミが人や動物の足に寄生し、
産み付けた卵が孵化することで人間の皮膚を壊死させ、
最悪の場合、死に至る恐ろしい感染症です。

特に、貧困地域で流行していて、
患者の多くは子どもたちとも言われています。
しかし、『スナノミ症』は「顧みられない熱帯病」に取り上げられておらず、
認知度は極めて低いのが現状です。

サラヤは消毒薬の提供を進める過程でこの感染症を知り、
現在、治療薬の開発を進め、ケニアやウガンダで効果検証を進めています。

子どもたちが安心して暮らせる世界を作るため、
サラヤは様々な感染リスクの低減に貢献しています。

さて、ただいま番組ホームページではアンケートを行っています。
お答えいただいた方の中から抽選で10名に、
『ヤシノミ洗たく用洗剤』と『ヤシノミ柔軟剤』のセットを差し上げます。
みなさまのご応募、お待ちしています。


カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

TOP