バリシャキNOW

2014年03月14日(金)

★ バリシャキボードYESかNOか?

意識的に行かなかったことありますか?

★バリシャキめがね〜“洋楽マンA 北斗と南”

ヴーレー・ヴー/ABBA

★きょういちのニュース

○伊・高級スポーツカーメーカー フェラーリがスペインに第2のテーマパークを建設

★頑張れ父ちゃん企画!厨房の王者

「サブレ」

▼材料
薄力粉 100g
強力粉 100g
粉糖 120g
アーモンドパウダー 40g
卵黄 2個分
塩 一つまみ
無塩バター 150g
バニラエッセンス 3ふり

▼作り方
@材料を計量して冷蔵庫で冷やす
・バターは1cm程度の賽の目に切り、すぐにラップなどに広げて冷蔵庫で冷やします。作業してから1時間は置きましょう。
・薄力粉・強力粉・アーモンドパウダーは一緒にして粉ふるいで漉しておきます。粉ふるいがなければ目の細かいザルで大丈夫です。
・卵は割らずにそのまま冷蔵庫で冷やしておきます。
※材料は冷やされていないといけません。余裕があれば一晩冷蔵庫に入れてしっかり冷やしておいてください。
※塩、バニラエッセンスはこの時点で計量しておく必要はありません。

A粉とその他の材料を混ぜる為の作業スペースを十分にとり、綺麗にしてください。

B振るった粉にその他の材料を混ぜる
・小麦粉、アーモンドパウダーを振るったもをこんもりと置き、中心をくぼませてドーナツ状にします。
・中心に粉糖、バター、塩ひとつまみを入れて、周りの粉が混ざらないように手早く混ぜます。
※指先でつまむように混ぜましょう。細かく切ったバターを指で潰すような感じです。とにかく練ってしまわないように混ぜます。
※長時間かけてしまうと、バターが軟らかくなりすぎ、粉と混ぜるときに溶けてしまい、生地の仕上がりに大きな差が出てしまいます。
※※なんとなく混ざってんのかな位でOKです。
・卵黄とバニラエッセンスを入れて更に混ぜ、なんとなくまとまってきたかしら程度で周りの粉を上から被せて全体をざっくり混ぜます。
※手についた粉やバターの塊は早めに取って粉がサラサラなうちに混ぜこんでおきましょう。
※※絶対に練ってはいけません。
・バターの塊をバラバラになるようにほぐし、小麦粉と一緒に両手で挟むようにして擦り合わせながら混ぜます。
※水を使わないので、まとまるまでに時間がかかりますが、出来るだけ手短に根気よくやりましょう。
※※「サブレ」とは、砂の意味です。砂に水を少しだけ混ぜたようなぼろぼろ感が出せれば、ここまでの行程は順調です!
・粒が出来始めたら、少しずつをまとめて他の粒とくっつけるように全体をまとめていきます。
※※絶対に練ってはいけません。
・ぼろぼろとした粒が形を残してる位でも大丈夫です。
・生地がまとまって、まだらな模様が出来ると思います。コンクリートが割れたようなヒビだらけのはずです。ぼろっと外しては違う場所にくっつけるを繰り返し、全体のマーブルが消えた程度で止めます。
・伸ばし棒(麺棒)で叩いて広げ、ラップをして冷蔵庫に入れ、一時間以上休ませます。
※伸ばし棒が無いときは、ワインのボトルやラップの芯などで代用できます。

C生地を伸ばして焼く
・ラップを外して強力粉で打ち粉をし、麺棒で3p程度の厚みに伸ばしたら、3p程度の幅で切ります。
・角の棒状を転がして円柱にします。適度に打ち粉をしてください。
・包丁で金太郎飴みたいに切りましょう。厚みはだいたい7o。
・オーブンの温度を180℃に設定し、予熱しておきます。
・鉄板にクッキングシートをしき、2〜3p間隔で並べましょう。
※シートが無いときは、ホイルに薄くバターを塗って代用します。ホイルのくすんだ方で焼きましょう。
※間隔を空けないと生地が広がってくっついてしまいます。

※10分〜12分で焼けると思います。
7分ほどで鉄板の前後を回し変えて3分。2分、1分と時間の間隔を狭めながら、サブレの縁にきつね色が出るまで焼きましょう。

粗熱がとれたら鉄板から外して重ならないように広げて冷まし、表面がガリっとしたら出来上がりです。


今週の星・・・5つ

★バリシャキ スポーツニュース

○選抜高校野球 組み合わせが決まる
○横断幕問題の浦和に処分決定
○カープ 前田健太スプリット調整中

★バリシャキ エンタメニュース

○安田美沙子 年商4億円デザイナーと結婚

★今日の曲

ロコ・モスキート/イギー・ポップ
ジャスト・ガット・ラッキー/ジョー・ボクサーズ

カレンダー

2014年03月






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

もっと前の内容

PAGE TOP