1. RCC TOP
  2. RCC ラジオ
  3. Canvas
  4. Canvas(アシスタント:岩竹香織)
  5. フリーペーパーBridge 岡本礼教さん

RCCラジオ Canvas

岩竹香織
アシスタント:岩竹香織

広島の最前線で活躍する、
さまざまなジャンルのクリエーターが
金曜日の夜、週代わりでRCCラジオのメインパーソナリティとして登場。
自らの仕事の話、趣味の話、これまでの生き様、好きな音楽など、
クリエーターが白いキャンバスに絵を描くようにお送りする2時間の生放送。
広島の若者たちに
熱いメッセージを届けます。
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

江田島を拠点に、フリーペーパーBridgeを作っている岡本さんと、奥様の容子さんをお迎えしました。
Bridgeとは、島で暮らす人や場所にフォーカスし、丁寧にその魅力を伝えている雑誌。岡本さんは、2007年の刊行からずっと奥様の容子さんと二人三脚でBridgeを作っておられます。
今回は、Bridgeへの思いやものづくりを通じて得たたくさんの出会いについて伺いました。

Bridgeについて語っていただくうえで、欠かせないのは何と言っても容子さんの存在です。
話は、お二人の出会いに遡ります。当時江田島に住んでいた岡本さんと、大阪に住んでいた容子さんは、インターネットサイトで知り合い、共通の趣味があったことから少しずつ連絡 をとるようになります。
その連絡手段として二人が選んだのは手紙!ある日、容子さんから手紙が届いたことに感動した岡本さんも手紙で返事を書くようになり、遠距離だった二人はゆっくりと丁寧に親交を深めていったそうです。
フリーペーパーも、二人がともに好きだった紙や雑誌、カルチャーへの想いがカタチになったもの。
結婚と同時に二人で島の暮らしを伝えるフリーペーパーを作ることにチャレンジされました。

大好きな雑誌を参考にしながら見よう見真似で作り始めた岡本さんご夫婦。
最初は思ったより反響が少なく「あれ?」と思ったりもしたそうだが、何より作ることの楽しさが長く続けるチカラになったといいます。
その技術は磨かれ、いつの間にかデザインの仕事も請け負うように。岡本さんがデザインされたものからも、フリーペーパーと同様、優しい愛情がにじみ出ているように感じます。

取材したい人への想いを丁寧に紙に落とし込んでいく姿勢は、お二人の出会いから始まっていたのだと、話を伺ってストンと理解できたし、やっぱり素敵だなあとBridgeに出会った頃に感じた嬉しい気持ちを改めて感じながら、番組のラストには奥様の容子さんにもご登場いただきました。
今は、フリーペーパーづくりやデザインの他に、築100年の歴史的建造物を守り継ぐ活動「ぐるぐる海友舎プロジェクト」や、まちにアクションを起こす人を応援する活動「BUFFER」など、「まち」「人」「場」に心を寄せ、活動を広げておられます。
また、容子さんは音戸にアトリエ兼ショップ「猫とツメキリ」をオープンされました。
出会ったころから変わらず、お二人のペースでまたお二人のスタイルで歩みを続けておられる岡本さん夫妻。
お二人の丁寧な営みを見習いたいなあと思いつつ、早くもBridge次号が楽しみでワクワクしています。

  1. オンエアリスト

    1. アニー/ ズーカラデル
    2. ウサギのバイク / スピッツ
    3. Go Go Round This World! / Fishmans
    4. 手紙 / THE BLUE HEARTS
    5. 地の果てより発つ / b-flower
    6. 前夜 / ズーカラデル

BACK