1. RCC TOP
  2. RCC ラジオ
  3. Canvas
  4. Canvas(アシスタント:岩竹香織)
  5. 山椒魚 中西真誠さん

RCCラジオ Canvas

岩竹香織
アシスタント:岩竹香織

広島の最前線で活躍する、
さまざまなジャンルのクリエーターが
金曜日の夜、週代わりでRCCラジオのメインパーソナリティとして登場。
自らの仕事の話、趣味の話、これまでの生き様、好きな音楽など、
クリエーターが白いキャンバスに絵を描くようにお送りする2時間の生放送。
広島の若者たちに
熱いメッセージを届けます。
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

山椒魚 中西真誠さん


中区土橋町にあるスパイス料理と日本酒のお店「山椒魚」。
2017年12月にオープンしてから、早くも多くの食通に支持されている注目のお店です。
スパイスと日本酒というユニークな組み合わせも個性的ですが、ともにカメラマンであるご夫婦が切り盛りしているというのもまた興味深く、一体どんな話が聞けるのかとても楽しみな気持ちで番組に臨みました。

山椒魚のメニューには、コンセプト通り、こだわった日本酒とその日のスパイス料理が並んでいます。日本酒は中西さんの得意分野。お料理は、もともと大阪でエスニック料理店を営んでいた奥様の宮前祥子さんの担当です。
山椒魚を始めたきっかけを伺いながら、奥様がきっかけだったのかなと思ったら、どうやら言い出しっぺは中西さんだったそう。宮前さんの出身が広島で、おばあさまの残した古民家が北広島の大朝にあったことから、大阪と大朝を行き来する生活を送っていたお二人。忙しい大阪での日々に反し、大朝での暮らしは自然にも近くゆったりとしていて「いつかは広島でこんな生活をするのかな」と思いながらカメラマン生活との両立を約10年にも渡り続けていたそうです。
そんななか、大朝での古民家生活が深まるうち惹かれていった美味しい地元の食材と豊かな食文化。その頃自分たちが当たり前のように食べていた「日本酒とスパイス料理」を広島の美味しい食材を活かして提供できたら楽しいだろうなと、お店を持ちたいという気持ちが募り、中西さんが奥様に提案したのが始まりだったのでした。(飲食店の大変さを知る奥様は、最初猛反対だったそう。)

お二人ともカメラマンをしながら飲食店をともに営む生活を始めて1年半。不規則かつ場所だっていつも変わるカメラマン仕事とは正反対の飲食のお仕事。
昔に比べて「よく働くようになった」と、それから「もめることもしょっちゅう笑」と、生活の変化をふりかえってくださいました。そんなお二人ではいらっしゃいますが、「山椒魚」のメニューと店内の雰囲気は旅の空気がたっぷり漂います。インド、ネパール、タイ、ベトナム、、、。お二人がこれまで旅された経験が、ひとつひとつのお料理に詰まっているのが伝わってくるのです。番組のなかでも、旅の一番の楽しみは「食べること」だと教えてくださいました。
今は忙しい日々だけれども、また夫婦で旅をしたいとその時を楽しみにしているそうです。

一見珍しいと感じる日本酒とスパイス料理の組み合わせ。けれど中西さんは、「日本酒は最も懐の深いお酒」だと、あらゆるお料理に合わせやすい一面があることを教えてくださいました。
野菜、肉、魚。広島産のこだわった食材で山椒魚らしいメニューを提案する中西さんと宮前さん。多くの人にその組み合わせの美味しさや楽しさを感じてもらい、いつかは当たり前の組み合わせと思ってもらえたらと、語ってくださいました。

  1. オンエアリスト

    1. ライクーダー&V.M.バット/ Ganges Delta Blues
    2. スタンリー ヴィチャノーン / サオ チェンマイ
    3. はっぴいえんど / 颱風
    4. Nico / Winter Song
    5. ニールヤング / After The God Rush

BACK