1. RCC TOP
  2. RCC ラジオ
  3. Canvas
  4. Canvas(アシスタント:岩竹香織)
  5. Vinoble Vineyard 横町崇さん

RCCラジオ Canvas

岩竹香織
アシスタント:岩竹香織

広島の最前線で活躍する、
さまざまなジャンルのクリエーターが
金曜日の夜、週代わりでRCCラジオのメインパーソナリティとして登場。
自らの仕事の話、趣味の話、これまでの生き様、好きな音楽など、
クリエーターが白いキャンバスに絵を描くようにお送りする2時間の生放送。
広島の若者たちに
熱いメッセージを届けます。
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

三次市でぶどう畑「Vinoble Vinyard」を運営しながらワイン造りをしている横町崇さんをお迎えしました。横町さんのワインをめぐる仕事は実に多岐に渡ります。ワイン造りのメインとも言える醸造・販売はもちろん、ぶどうの栽培、苗木の栽培・卸し、栽培や醸造、畑造りの指導など、全てを自ら手がける、まさにワインのプロフェッショナルであられます。さらに2020年には地元三次にワイナリーの設立を目指しておられ、その熱意と愛情に圧倒される2時間でした。

けれど驚いたのは、横町さんはもともとワイン造りに興味があったわけではないことです。三次出身で東京農業大学 農学部醸造学科に進学されたと聞くと、昔から身近な存在だったぶどうやワインに高い興味があられたのかと思いましたが、昔は陸上一筋だったとか。箱根駅伝を目指し進んだ東京農業大学でしたが、醸造学科はたまたま選んだ道だったそうです。それでも、地元に戻り、縁あって入社した三次ワイナリーで、ワイン造りの面白さと奥深さに魅せられ、「ゼロから自分の手で作りたい」という思いを募らせていったと言います。
 ご実家の空いた農地を整備し、自分でぶどうの栽培を始めた横町さん。ワイン造りにおいて大事なのは「9割がぶどう栽培、1割が醸造」とおっしゃるくらい、水を使用しないワイン造りにとってぶどうの味はとても重要だそうです。デザートとしていただくぶどうとは異なり、ワイン用の葡萄は皮の厚さや身が少ないことなどが特徴。その他、気候や土地の風土も大きな影響をもたらすそうで、有名なフランス・ブルゴーニュ地方のピノ・ノワールで作られるワイン造りの話などを例に教えていただきました。
2020年にワイナリー設立を目指し現在奮闘中の横町さん。美味しいワインをお客様に飲んでいただきたいという気持ちはもちろん、日本のワイン造りのレベルをあげたい、認知度を上げたいという大きな想いがとても伝わってきました。規制緩和などの影響で年々増えるワイナリーブーム。日本各地でワイナリーの設立が増える中で、ワインの魅力とワイン造りの厳しさを誰よりも知る横町さんは、きっときっとたくさんの人に開かれた素敵なワイナリーを作ってくださるのだろうなと、今からとても楽しみです。

  1. オンエアリスト

    1. 小麦色の斜面( Live ver.)/ BLANKY JET CITY
    2. Rock This Town / Stray Cats
    3. Room 335 / Larry Carlton
    4. Decadence Dance / Extreme
    5. INNOCENCE / GLAY

BACK